【読書記録】最近読んだ本メモ

最近読んだ本の中からお勧め:『迷ったら読みたい 育休はじめてガイド』『おうち性教育はじめます』『小児科医ママが今伝えたいこと! 子育てはだいたいで大丈夫』

投稿日:

コロナで休校してた2020年3月頃に読んだ本です。
TOPページで公開していました。

時間があったので沢山挙げてますね…。

2020年3月

最近読んだ本でおすすめのもの

迷ったら読みたい 育休はじめてガイド(伊美裕麻、土屋貴裕)

現役のプロダクトマネージャー・伊美裕麻(@13imi)さんと、エンジニアの土屋貴裕(@corocn)さん。2019年に長期の男性育休を取得した2人の男性が作成した同人誌(自費出版誌)です。A5サイズ、全64ページ。

同人誌(自費出版)なので書店で買えず、通販か電子書籍となります。

育児休暇の制度に関する説明(もらえるお金や休業期間)から、海外の事例紹介、体験者による知見まで丁寧にまとめられています。64ページと短いですが、コンパクトにまとまっていて調べやすいので、育休を取る人だけでなく、人事、経理、総務、管理職者など育休に関わる人は持っていて良いと思います。

noteに感想を書いたので、興味が湧いた方は参考にどうぞ。

おうち性教育はじめます 一番やさしい!防犯・SEX・命の伝え方(漫画:フクチ マミ、監修:村瀬 幸浩)

マンガで読む 妊娠・出産の予習BOOK』や『育児のお悩み解決BOOK』をきっかけにファンになったフクチマミさんの新刊(3月3日発売)。

父親と母親の両方が、幼い息子や娘に対し、性をどう説明するか?どう行動するか?が具体的に書かれていて、非常に実践的な内容でした。父親の行動や対応についても具体的に書かれている、夫婦で読める性教育です。 

読者が抱えている、性への苦手意識や羞恥を丁寧に肯定したうえで、押し付けにも感情的にもならないフラットな情報を描いています。第一章、第二章…とステップアップするような構成で、ひとつひとつ納得しながら進むのが良いです。

本を読み進めるにつれて知識がアップデートされ、「性」はこれからを生きるのに必要な知識であり教養である、と親自身の考えが変わります。

「コミックエッセイ」劇場で収録内容の半分くらい読めますが、書籍のカタチで読むとまた印象が変わります。

日本は性教育が遅れていますが、世界的には「子どもが2-3歳ごろから教え始める」のが主流のようです。分かりやすいし新しい情報も多いので、独身の方、子どもがいない方が読んでも参考になると思います。

予約して購入しましたが、想像以上に良かったです。お勧め!!

created by Rinker
KADOKAWA
¥1,430 (2020/10/29 09:05:39時点 Amazon調べ-詳細)

小児科医ママが今伝えたいこと! 子育てはだいたいで大丈夫(森戸やすみ)

created by Rinker
¥1,320 (2020/10/29 09:05:39時点 Amazon調べ-詳細)

小児科医の森戸やすみ先生の新刊(3月13日発売)です。
森戸先生の本も毎回買っていて、今までに出た『小児科医ママの「育児の不安」解決BOOK』『小児科医ママの子どもの病気とホームケアBOOK』『小児科医ママとパパのやさしい予防接種BOOK』も読んでいます。

今までの3冊はQ&A形式で、例えば「授乳中に薬を飲んでも良い?」「生まれたばかりの赤ちゃん、いつまでベビーバスに入れる?」といった疑問について、「飲んでよい薬と飲んではいけない薬があります。飲んでよい薬はこういったものがあります」「最初から一緒に入っても大丈夫ですよ」と答えるような本でした。

今回の『小児科医ママが今伝えたいこと!  子育てはだいたいで大丈夫』は、今までの専門家医シリーズの倍くらいの厚さ(250ページ!)で、内容もりだくさん。
読者である親が自分で正確な情報を得て、行動出来るように教えるような本でした。

医療ではない分野、例えば長年、保育所の問題を追っている猪熊弘子さんの著作や、『「学力」の経済学』の著者である中室牧子さんが登場したのが嬉しかったです。

1冊読むと、子育てに関する情報リテラシーが上がって、正しい情報を得られるようになると思いました。

夫婦で読める家事・育児・仕事マガジン「CHANTO」

昨年秋から応援していた雑誌「CHANTO」が、3月発売の号で休刊になってしまいました…!無念…!

この雑誌は素晴らしいので家事育児しながら働くお母さん、お父さんにお勧めしたい。
バックナンバーが電子書籍で買えます。育休明けの新生活に疲れたら、ぜひ。

created by Rinker
主婦と生活社
¥620 (2020/10/29 09:05:40時点 Amazon調べ-詳細)

人気男性俳優が表紙を飾っている、2019年9月号以降が特にお勧めです。
現在はコロナでの休校の支援にと、「CHANTO WEB」にて2019年4月号~11月号を無料公開しています。

雑誌「CHANTO」の編集長だったのは、中川雄太さんという育休を取得した男性です。

息子さんがいて、奥様は第二子を妊娠中。
ご自身も家事育児を夫婦でシェアしつつ、男性の家事育児参加率を上げよう!と色々と働きかけている方です。最近は「ホットクック」を購入され、毎日、晩ごはんを作っています。

雑誌が休刊したので、これからはWEBを担当するとのこと。

「CHANTO WEB」は会員登録なし。
カジュアルな雰囲気ですが、仕事や家事育児、通勤ファッションなど、働きながら暮らすのに役立つ情報が多いと感じます。

おすすめ記事

1

最近、この本を読みました。 江戸しぐさという偽史を検証した本です。大変おもしろかった。 ※「江戸しぐさ」についてはこの辺の記事を参照ください。 ●“偽物の歴史”を教育に用いるのは、倫理の根幹を破壊する ...

2

さて突然ですが、ここでクイズです。 ご夫婦で一緒に考えてもらえると嬉しいです。

3

おはようございます。末尾です。 今日はゆむいさんがサイト「ママの求人」で連載中の『ふよぬけ』の紹介と感想です。

4

おはようございます。末尾です。 昨日予告した通りですが、今回の特集は「新波【ニューウェーブ】」と題して、育児漫画作家さんの新たな活動について紹介していきます。 第一回の今日は、ハラユキ(旧PN:カワハ ...

5

自分が義理の父を亡くした時に参考にした情報や本のまとめです。 人の死に際して、やることは大きく3つあると思います。 1)葬式の準備(日程、開催規模、通夜後の清めの席での参列者、通夜や葬儀の供物、葬儀後 ...

-【読書記録】最近読んだ本メモ
-, ,

Copyright© 育児漫画目録 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.