【読書記録】最近読んだ本メモ

【一口感想】『先生白書』(味野くにお)

投稿日:2017年9月20日 更新日:

『幽★遊★白書』や『レベルE』、今だと『HUNTER×HUNTER』でお馴染みのジャンプ作家・冨樫義博さんのアシスタントさんが、20年近く前のことを思い出しながら描いた、コミックエッセイです。

試読はこちらから。
先生白書(マットグロッソ)

created by Rinker
¥733 (2020/11/29 08:15:21時点 Amazon調べ-詳細)

一応、冨樫さんの作品はこの辺。ハンタの途中で止まっていますが、私も好きです。

created by Rinker
¥484 (2020/11/29 08:15:24時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥429 (2020/11/29 08:15:22時点 Amazon調べ-詳細)

良くも悪くも、盛ってないコミックエッセイです。

多分、冨樫さんの近くにいる人はよく描けてる!て評価するくらい等身大の冨樫さんなのじゃないかな〜。

… なのでファンの方以外はそんなに面白くない気がします。
盛り上がりもなく淡々と進むので、ファンの人でもガッカリする気がする。 この漫画、評価が難しい。

残念ながら『監督不行届』(「新世紀エヴァンゲリオン」の庵野監督を妻の安野モヨコさんが描いたエッセイ漫画)とは違いますね。「この人にこんな一面が…!」という感じではありません。

created by Rinker
¥880 (2020/11/29 08:15:23時点 Amazon調べ-詳細)

私は盛らない作品が好きだし、冨樫さんはこういう人だろうな〜て姿が垣間見れて良かったです。

とにかく盛ってない、てところが素晴らしいと思ったのですが、盛り上がりに欠けるし、普通に読んだら面白いと感じないだろう、と思えて仕方ない…。

…ということで、冨樫さんのファンではない夫にも読んでもらいました。
夫の感想。

「単行本の巻末漫画がまとまって1冊になった感じだね!本当に淡々としてた!」

…だよね~

一応補足しておくと、作者の、冨樫さんへの愛や敬意はよく出てるんですよ。

でも今の冨樫さんとは連絡していない。その辺の後ろめたさが伝わってくるせいか、私(読者)も読んでいて後ろめたい気持ちになります。

企画が立った時点で本人に挨拶・相談しとけば良かったんじゃないかな。そんな気がする。
***

ちょっと前に藤子F不二雄先生のアシスタントさんが描いたコミックエッセイも読んだのだけど、これも淡々としてました。でも読んだあとの満足度は高かったんですよね。

チーフアシスタントとしての裏話があったり、藤本先生の存在を感じる写真が多かったからかしら。
冨樫さんはF先生と雰囲気が近い感じもしました。

***

うーん。『先生白書』はあまりお勧めはしないかなあ…。
曖昧な感想になってしまった。すみません。

おすすめ記事

1

最近、この本を読みました。 江戸しぐさという偽史を検証した本です。大変おもしろかった。 ※「江戸しぐさ」についてはこの辺の記事を参照ください。 ●“偽物の歴史”を教育に用いるのは、倫理の根幹を破壊する ...

2

さて突然ですが、ここでクイズです。 ご夫婦で一緒に考えてもらえると嬉しいです。

3

おはようございます。末尾です。 今日はゆむいさんがサイト「ママの求人」で連載中の『ふよぬけ』の紹介と感想です。

4

おはようございます。末尾です。 昨日予告した通りですが、今回の特集は「新波【ニューウェーブ】」と題して、育児漫画作家さんの新たな活動について紹介していきます。 第一回の今日は、ハラユキ(旧PN:カワハ ...

5

自分が義理の父を亡くした時に参考にした情報や本のまとめです。 人の死に際して、やることは大きく3つあると思います。 1)葬式の準備(日程、開催規模、通夜後の清めの席での参列者、通夜や葬儀の供物、葬儀後 ...

-【読書記録】最近読んだ本メモ
-, , ,

Copyright© 育児漫画目録 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.