【読書記録】最近読んだ本メモ

【一口感想】毒婦 和歌山カレー事件20年目の真実(田中ひかる)~丁寧に綴られたルポルタージュ

投稿日:

Twitterに投稿した感想です。
それではどうぞ~

毒婦 和歌山カレー事件20年目の真実(田中ひかる)

作者さんのSNS情報

作者の田中ひかるさんは歴史社会学者。SNSはやってないようです。

●サイト:田中ひかるのウェブサイト

感想

結論を言ってしまうと、「和歌山カレー事件は冤罪の可能性が高い」という、静かな主張です。

そして冤罪が産まれる構造のようなものが見える。
それはグロテスクでも何でもなく、身近にありそうな構造にも見える。

私もある日突然、犯人に仕立て上げられるかも…。
そんな不安が浮かぶくらい、割とアッサリと犯人扱いされ、死刑宣告も受けているのですね、林真須美被告は。

子ども達は施設に送られ、親と離れて20年という歳月を過ごしていて。

暴走とも言える、その流れを止めることが、出来なかった不思議。
面白がる話では無いけれど、読み応えのある一冊でした。

田中ひかるさんの著作

この本は、田中ひかるさんが書いていたから読みました。
田中ひかるさんの本はやはり面白いし丁寧ですね。

『生理用品の社会史-タブーから一大ビジネスへ』も面白かったです。
歴史的な資料を丁寧に積み重ねて描いてあるのが特徴かな。

【読後感想】『生理用品の社会史-タブーから一大ビジネスへ』(田中ひかる)~生理用品の登場と”月経観”の変化の記録~

「読んで読んで!みんな読んで!」…て思うくらい、丁寧に綴られた本でした。 最初は単純に「生理用品の歴史か~!面白そう!」…だったんですけど、読んでいくと「女性が権利を取り戻していく歴史」のようにも思い ...

続きを見る

マスコミは何をしているのだろう?

大騒ぎだった『和歌山カレー事件』、えん罪っぽいというか、えん罪じゃないと説明がつかない…。
こういった指摘は大事だと思うんですが、研究者ではなくマスコミの仕事な気はするんですよね…。
(田中ひかるさんは社会学者という認識でいます。)

created by Rinker
¥1,760 (2020/11/29 11:06:24時点 Amazon調べ-詳細)

作品が気になった方はこちらの記事もどうぞ~

和歌山カレー事件・20年目の真実〜林真須美は本当に毒を入れたのか(田中ひかる)

和歌山カレー事件「死刑囚の子どもたち」が生きた20年(田中ひかる)

おすすめ記事

1

最近、この本を読みました。 江戸しぐさという偽史を検証した本です。大変おもしろかった。 ※「江戸しぐさ」についてはこの辺の記事を参照ください。 ●“偽物の歴史”を教育に用いるのは、倫理の根幹を破壊する ...

2

さて突然ですが、ここでクイズです。 ご夫婦で一緒に考えてもらえると嬉しいです。

3

おはようございます。末尾です。 今日はゆむいさんがサイト「ママの求人」で連載中の『ふよぬけ』の紹介と感想です。

4

おはようございます。末尾です。 昨日予告した通りですが、今回の特集は「新波【ニューウェーブ】」と題して、育児漫画作家さんの新たな活動について紹介していきます。 第一回の今日は、ハラユキ(旧PN:カワハ ...

5

自分が義理の父を亡くした時に参考にした情報や本のまとめです。 人の死に際して、やることは大きく3つあると思います。 1)葬式の準備(日程、開催規模、通夜後の清めの席での参列者、通夜や葬儀の供物、葬儀後 ...

-【読書記録】最近読んだ本メモ
-, , ,

Copyright© 育児漫画目録 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.