【情報】新刊やニュース

【情報】育児漫画特集が組まれた雑誌3冊(2017年4~5月頃)+α

投稿日:

最近、雑誌で育児漫画特集が組まれることが多かったのでまとめてみました。

SPONSORED LINK

育児漫画特集が組まれた雑誌

Como(主婦の友社) 2017年5月号

買いましたが、今号で廃刊になるので読者モデルへのインタビューばかりです。嵐の相場くんのインタビューがあるので好きならまあ…てくらいで普段読んでない人にはお勧めしません。
Kindle Unlimited対象なので、利用している方が見る分には悪くないかと。

育児コミック このシーン、この言葉に救われた

8ページの特集記事。

読者アンケートをもとに作成されたランキングに沿った、作者インタビューが中心。複数の作家さんが顔出しで登場するの珍しい。

1位が『ママはテンパリスト』、2位が『たまご絵日記』。まあ妥当ですね。
作家が読んだ育児漫画の紹介もありましたが、ナナイロペリカンさん以外は「まあそうよね…どメジャーだしね…」な本でした。(ナナイロペリカンさんのは2016年末に刊行したマイナータイトル。私は知ってますが買ってません。)

6位までの作品ランキングは「まあそうでしょう」といった結果ですが、Instagram勢が2つランクインしています。この辺は雑誌の読者層もあるだろうし、出版社同士の兼ね合いもありそうです(KADOKAWAとオレンジページはないので)。

まだ販売中の雑誌なので一応名前伏せるんですが(^_^;誰が出てるの?と思う方はamazonの書籍紹介をご覧ください。インタビュー掲載された5人中4人がわかります。(東村アキコさんは不参加です。)

オレンジページ 2017年 5/29 号

子どもと「おいしい」を楽しもう!SPECIAL

『おかあさんの扉』特集

『おかあさんの扉』に登場したごはんや食事シーンを再収録した「よりぬき おかあさんの扉」ページが4ページ。
単行本持っているので買いませんでした。

あれ?「amazonのなかみ!検索」で全部読めちゃった…。良いのかオレンジページ…。

※『おかあさんの扉』は漫画家の伊藤理沙さんによる娘育児漫画です。

VERY 5月号

先月号です。

「イヤイヤ期の二次被害」特集

4ページくらいかな?
たかはしみきさん、カツヤマケイコさん、コンドウアキさん、吉川景都さんが寄稿しています。漫画1本を描きおろし。

たかはしみきさんのブログを見に行ったら紹介されていました。写真付き。
知ったのが昨日だし買う気にはならないので、図書館で貸出予約しました。

しかしのっすん、もう小学生なのか…。はやいね…。たかはしみきさん、育児漫画卒業かなあ。ちょっと寂しい。
※育児漫画の多くはお子の保育園/幼稚園卒園~入学式を機に終わります。)

【番外】レタスクラブ 2017年5月号

月刊化第一弾。買いましたがボリュームも記事の内容もお役立ちで良かったです。

付録「別冊レタスクラブ」

全80ページ。17人の作家が寄稿。

育児漫画描いてる人だと、小栗左多里さん、はるな檸檬さん、横山了一さん、コンドウアキさん、高瀬志帆さん、じゃんぽ~る西さん、魔夜峰央さんの7人が参加。子どもを描いてるのは高瀬志帆さんとじゃんぽ~る西さん。

気に入ったのははるな檸檬さんの「冷たいもの好き」な話、コンドウアキさんの「ダイエット話」、ぼくさんの「体質改善」の話、じゃんぽ~る西さんの「家族3人」の話など。
これを機に『モンプチ』買いましたが面白かった!

意外と高瀬志帆さんの時短料理術は使える気がするのでもっと読みたいような…(過去に近いテーマで「モーニング」にも描いてたと思う)。

たかぎなおこさんのなれそめ漫画は良かったです。2017年2月に娘さんを出産されているので、先々妊娠・出産・育児漫画を描いてくれればよいなあ…。元々コミックエッセイ作家さんなので、親子で食べ歩きとかマラソンも良さそう。

まとめ

漫画雑誌での連載はズタボロな状態(連載が『おひとりさま出産』と『モンプチ』だけだと思う)ですが、一般雑誌で登場する頻度は増えている印象です。

2017年の育児漫画。単行本は減少気味ですが、WEBでの発表数は今までで最多です(WEB連載も増えたし、個人で描く人増えた)。
目にする機会が増えてるせいか、ニュース系サイトや育児系サイトで、お勧めの育児漫画を紹介する記事やTwitterやInstagramで反響のあった作品を紹介する場も増えています。

2017年5月には電子雑誌「Baby!」創刊。創作漫画中心ですが宮川ひろしさんの『そのオムツ、俺が換えます』は実録系。はるな檸檬さんの半創作『子育てデレデレ日記』も連載中。

ただこの雑誌、自分的にはイマイチでした。Kindleで読むのではなく、WEB版で気になった作品をさらうのが良いかと思います。
●WEBサイト「Baby!

以前は育児雑誌、漫画雑誌の箸休め的に連載されることが多かったのですが、メインも張れるんですねえ…。
まあ「育児漫画面白いよね」「育児漫画はいけるのでは?」と思う編集さんや出版社が増えるのは悪いことではないかと思います。読者増えると思うし。

それでは。

SPONCER LINK

SPONCER LINK

-【情報】新刊やニュース
-, , ,

Copyright© 育児漫画目録 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.