育児日記

【雑記】私が好きな音楽~実はBUMP OF CHICKENが好きだった、という話

投稿日:

今日は雑談的な記事です。
興味のある方だけどうぞ。

SPONSORED LINK

私が好きな音楽のはなし

基本的にBGMが流せない人で、イヤホン苦手なので歩いている時や移動の時も音楽を聴きません(^^;
なので音楽に触れること自体がほとんどない生活を送っています。

歴代好きなアーティスト

好きなアーティストは、その時々で変わります。

基本的に邦楽のみ。洋楽は全くといって良いほど聞きません。
母がずっとラジオをかけている人だったので、ラジオでかかっていた昭和歌謡が好きで、フォークソングが好きで、演歌が好き。
父の影響で堀内孝雄さん、吉幾三さん、坂本冬美さんなどの演歌歌手にも詳しいです。

基本的に「音」ではなく「歌詞」主体に聞くので、歌詞(言葉のセンス)が合わないと好きになりません。
BGMを流しにくいのも同様の理由で、歌詞を聞いちゃうので手が進まなくなります。

動画を埋め込む予定でしたが、公式動画が全くなかったので、気になる方は検索して聞いてください。

中島みゆきさん

高校の頃からずっと好きなのは中島みゆきさん。
友達のお母さんが好きで、お母さんのCDを借りて聞いていました。

身バレがあるので実名は書けませんが、私の名前には「緒」という文字があります。「珠緒」みたいな名前です。
「緒」は糸。へその「緒」であり、一緒の「緒」である。自分の名前の中で一番好きな文字。

娘の名前には「布」を意味する文字が使われています。「布美」「木綿子」みたいな名前です。
第二候補は「綾香」でした。「綾」は織物、布とほぼ同じ意味です。

私の名前も娘の名前も、父がつけたものです。
由来や意志は全くない、画数もしらべていない、感覚だけで好きな漢字を並べたものらしいです。
一応、私の名前と文字数は合わせてありますが、その程度。

深く考えずにつけた娘の名前が私の「糸」を織り上げた「布」だったので、非常に驚きました。

娘の名前は、中島みゆきさんの「糸」にちなんだことにする予定です(完全に後付け)。
私も特に由来のない画数も調べてない名前ですけど、自分の名前がとても好きです。

(詞:中島みゆき、曲:中島みゆき)

BUMP OF CHICKEN

大学卒業後、友達とスキー旅行に行った際、車中でアルバム『THE LIVING DEAD』をかけてくれて。

初めて「K」を聞いた時は鳥肌がたちましたし、夫と二人、ボロ泣きしながら感想を語り合いました。
こんな歌詞が書ける人がいるのか…!と驚いて。
K(詞:藤原基央、曲:藤原基央)

その後、好きになるのをためらっていたのですが(私は好きになると本当に散財してしまうので)、3月に『天体観測』がヒット。
その後、『ハルジオン』を聞いて、我慢できなくなって、アルバム全部買ってシングル買ってインタビューが出る音楽雑誌は全て買う、という日々が始まりました。

アルバム『COSMONAUT』が出るまでは、ずっと追ってました。
その後は子どもも生まれたのと、私が好きな世界観ではなくなったのでほとんど聞いていません。
(世界観が変わること自体は悪いことではないです。お互い成長して合わなくなったというだけなので)

「BUMP OF CHICKEN」は『弱者の反撃』という名前の意味も好きです。
フジ君は最終学歴中卒なのですが、学歴関係ないわー賢いわーセンスいいわー…と思います。

Hさんとの思い出

BUMPのライブにも1回だけ行っています。2004年の「MY PEGASUS」千葉幕張メッセ。

でも規模が大きすぎたこともあり、全然楽しめなくて。ライブだから距離は近いのに、逆に遠く感じてしまった。
なのでその後はライブに参加していません。

このライブ、私が店舗で店長代行をしていた頃、一緒に働いていた主婦アルバイトさんが「GRAPEVINE」のマネージャーさんの奥様で。
「いつもお世話になってるので」と手配して頂いたゲストチケットだったんです。
(当時はご好意に甘えちゃったけど、今考えるとあまりよくないですね…。旦那様が今も「GRAPEVINE」マネージャーかどうかは知りません。)

※でも、未だに「GRAPEVINE」名前しか知らないです…ごめんなさい…

Hさんという主婦の方で、Sくんという息子さんがいて。とても面白い方でした。漫画が好きで、仕事も一生懸命で、話もユニークで色々聞かせてもらいました。

ただ、Hさんは、2年目に息子さんが保育園落ちてしまい、仕事は辞めてしまいました。
この時の経験で、保育園って1度は入っても継続して入ってられないのか…!と驚かされましたし、理不尽に感じました。

あれから13年も経っちゃってるんですが…。息子のSくん、中学3年くらいかな?早い。

店舗では他にも、そこそこ有名な女性声優さんの弟さんとも一緒に働きました。お姉さんは声優をしながら本も書いている方です。Sくんといいます。

彼とも今は連絡をとっていませんが、その声優さんの名前を見るたびに、元気だと良いなあ、楽しく働いていると良いなあ、と思います。

車輪の歌

BUMPの曲で好きな曲は色々ありますが、ぱっと浮かんだのがこの曲。
映画『耳をすませば』を思い出したりもします。

描かれる場面が美しくて好き。別れの曲にも旅立ちの歌にも聞こえる。

埋め込みがが出来ないのでリンクを。
BUMP OF CHICKEN『車輪の唄』

同じドアをくぐれたら

何かに悩んでいる時、迷っている時に、頭の中を流れる曲。

もう気付いたろう 目の前のドアの鍵を
受け取れるのは 手の中がカラの時だけ

長い間ここは居心地がよくて 
いつの間にかいろいろと拾い過ぎた

どれもが温かくて 失い難い いくつかの光

手に入れる為に捨てるんだ 揺らした天秤が掲げた方を
こんなに簡単な選択に いつまでも迷うことはない

その涙と引き換えにして 僕らは 行ける

「同じドアをくぐれたら」(詞:藤原基央、曲:藤原基央)

手に入れる為に捨てたならまだ良いのですが、産後は自分が掴んでいたものが、勝手に手から零れ落ちて無くなったと感じることも多くて。
でもこの曲を胸に、手が空になったのなら、次の鍵が手に入る!と前向きに考えていました。

私が「育児漫画目録」を始めたきっかけは、産休が明けなかったことで。
1歳の娘を保育園に預けることが出来たのに、会社が経営難で復職できませんでした。

1歳の娘、多忙な夫、頼れる人がいないという環境の中で、フルタイム正社員の転職に挑戦する気にはなれませんでした。
なのでキャリアを諦めた。悔しくて空いた時間を使って、それまでなかった漫画の一覧(データベース)を作ろうと思ったけど、作品数が多すぎたので育児漫画に絞ったのが、「育児漫画目録」です。

今はブログを楽しんでいるけれど、初期は悔しさをぶつけて作ってきたので。そこそこ怨念がこもってます(^^;
でもブログを始めて、たくさんの人と出会い、交流したり、学ばせてもらって。

今している体験は、会社員として生活するだけでは得難いものだと思っています。
あの時、手が空になって良かったとさえ思う。

未来が過去の捉え方を変えた経験のひとつです。

才能人応援歌

夫がとても好きだという曲です。物を作る人の気持ちが描かれていると。

私は好きなのですがそこまで思い入れはないのです。

周りに立派な人多いし、将来有望な才能は素敵だし、頑張れって言われたらむしろ頑張ります。あれ?
怠けて見えないし。頑張ってる方の方が多いですよね、作り手の方は。あれ?
お金を稼いで生活するのが基本なので、自分が好きなことでお金稼ぎたくないしなあ。

(書きながら気付いたけど、全く共感できてない私…。)

基本、私は作り手さんに対して尊敬の気持ちしかないので、嫉妬心はありません。

でも夫は作り手なので、嫉妬とか名誉欲とか、職人としてのプライドとか色々な気持ちがあるらしく、それが書かれていると話していました。

この人のnoteの記事を読んで、作り手さんの気持ちが分かりました。
BUMP OF CHIKENの”才悩人応援歌”を聴いて

ガラスのブルース

これは私の戦闘曲です。頭の中でよく流れています。

ガラスのブルース(詞:藤原基央、曲:藤原基央)

ダイヤモンド

こっちは私の人生のテーマソング、指標だと思っています。

ダイヤモンド(詞:藤原基央、曲:藤原基央)

まとめ

あまり音楽は聞かないものの、好きな曲は頭の中を流れていて、その曲の力を借りて生きている部分はあるなと感じます。

ちょっと話が逸れるのですが、私たち夫婦の結婚式は人前式で、自分たちが好きなようにやらせてもらいました。

式が終わり、バージンロードを2人で退場するときの音楽は「ドラゴンクエスト」のテーマでした。

参列していた友人たちは気付いて笑ってました。
式の後、「とても私たちらしい式だった」と、褒めてもらい、その後の友人たちの結婚式にも影響を与えたようです。

余談

前回の記事、たくさん読んで頂いてありがとうございます。夫にもほめてもらいました。
現実に作るには、みっちり計画する必要があるのですが(^^;

この記事を書いた時、「読む人が読んだら私たちが誰か分かるけど、まあ、いいか。多分、知ってるの20人くらいだし、うちの読者層とは違うし」…と思って公開したんですね。

そしたら、ARGクラスタな三月さんが気付きました。これにはびっくりした。
Twitter検索で引っかかったのかな?

記事内で「謎解きが得意な人は発想力が違う」と書いていますが、イメージしてたのは三月さんです。本当にすごい発想力で謎を解かれるので。
8月頃にTwitterアカウントを確認し、今も活動していることは確認していました。謎やイベントの作り手でもあります。

三月さんきっかけで石川さんにも気付いて頂いて。はい、その通りです。(当時、新聞記事で「東京からの参加者もいた」と書かれた夫婦…)

キュン妻さん達のブログと出会わなければ記事に書いたような発想は生まれませんでした。
また、彼女のことをきっかけに、昔の友人と繋がったのはとてもありがたいです。

それとは別に、愚痴アカ(アンチ)と言われる方々に助けて頂いたり、お礼を言って頂いたり、私のアンチが産まれるという不思議な体験もさせて頂きました。
注意喚起記事を書いた時は何も考えていませんでしたが、ラビットホールに迷い込んだような3カ月でした。

変な言い方になりますが、様々な方との縁を作ってくれた彼女には感謝しています。

間違った子育て情報や、人を傷つける言葉遣いは改めて欲しいと願っていますし、今後も注意喚起は行うのですが、稀少な体験のきっかけを下さって、ありがとうございました。

それでは~

SPONCER LINK

SPONCER LINK

-育児日記
-, ,

Copyright© 育児漫画目録 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.