WEBで読める漫画

【WEB漫画】東洋経済オンラインで「ほしいのは「つかれない家族」(ハラユキ)連載スタート!

投稿日:2017年5月23日 更新日:

SPONSORED LINK

今日はWEBで読める育児漫画、新連載のお知らせ。

SPONSORED LINK

ほしいのは「つかれない家族」(ハラユキ)

東洋経済オンラインで5月19日から連載開始。2週に1回くらいの更新。

「家庭がつらい……」
そう感じたことはありませんか? 共働きなのに、家事育児の分担がうまくいかない夫婦。夫が長時間労働で平日ほぼ家におらず、ワンオペ育児で追いつめられる妻。怒り続ける妻を前にオロオロする夫。
家庭内で飛び交う、愚痴、ため息、お互いをののしり合う声……。「こんなはずじゃなかった」と、関係が冷めきる夫婦も少なくありません。
でも、そんな状況を乗り越えていく夫婦も、確実に存在します。
イラストレーターのハラユキさんはかつて、コミックエッセイ『王子と赤ちゃん』で自身の産後について描き、そのつらさ、不条理を訴えました。それから5年、当時のどん底状態とはうってかわった、「つかれない家族」を手にいれつつあります。
いったい何が夫婦の危機を救うのか? ハラユキさんが、自身や周囲の事例から、家庭を心地よいものに変えていくまでのコツを考えていきます。

作者のプロフィール

作者のハラユキ(旧PN:カワハラユキコ)さんは1974年2月生まれ。漫画家・イラストレーター。
2011年(37歳)に妊娠が分かり、2012年2月(38歳)に出産。
家族はカワハラさんと夫・王子、息子・ぽうちん、飼い猫・レンぞう。
代表作はブログが書籍化した『うわばみ妊婦』、ワンオペ育児と産後クライシスを描いた『王子と赤ちゃん』。
●作者のTwitter/Instagram/ブログ

見どころ

ワンオペ育児、産後クライシスを乗り越えた経験談

現在公開中の第1話は作品紹介のみですが、今後、作者のハラユキさんが「どう産後クライシスを乗り越えたのか?」具体的な方法論が語られる予定です。
出産から5年という時を経て、実際に夫は変わった。その具体的な方法論が描かれる点が新しい。
(そして『王子と赤ちゃん』ファンの自分としては王子の変貌ぶりにびっくり…!笑)

コメント欄が本番かも?

私は記事や漫画のコメント欄もチェックするのですが、この連載もコメント欄が熱いですね。

第1話の名言について。この気付きがあるかないかの差は大きい。(産後クライシス渦中だと、本当にここが分からないんですよ…)

「離婚した」「離婚寸前だった」系のコメント。まあ私も離婚寸前でした…。はい…。

10年かかったけど変わったよ、というコメント。こういうのは嬉しい。「当時は全く分からずひたすら夫だけに原因を求めていた」…ああ…身に沁みます…。

まとめ

今後は、夫婦での家事分担の話、コミュニケーションの取り方、家事育児のアウトソース話など、いろいろ盛り込まれるでしょうね。
次の更新が楽しみです。
それにしても。東洋経済オンラインで女性が描く育児漫画(夫婦漫画)を連載…ってスゴイ。
この企画が立つこともスゴイが、企画が通って実現するのがスゴイ。
世の中、色々変わって来る感じがしますよ…。
それでは~。

SPONSORED LINK

<script>


<script>

SPONSORED LINK

<script>


<script>

おすすめ記事

1

SPONSORED LINK 目次1 発達障害特集で書いた記事1.1 今日から【発達障害特集】を始めます~調べる中で感じたことと心配していること1.2 【目録】発達障害の子どもを描いたコミックエッセイ ...

2

SPONSORED LINK こんにちは。末尾です。 今日から、最近の育児漫画作家さんの新しい動きについて、追っていきたいと思います。 この記事は特集の予告も兼ねた「まとめ」記事で、この後、1作品づつ ...

3

SPONSORED LINK Twitterでつぶやいたら反響が大きかったので記録として残します。 役に立てばよいと思う反面、元いた会社の守秘義務を破ることになるので少し嘘を混ぜています。ご了承くださ ...

-WEBで読める漫画
-, , , ,

Copyright© 育児漫画目録 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.