育児漫画目録

妊娠・出産・育児漫画のカタログ

*

『びっくり妊娠 なんとか出産』(細川貂々)感想~2人に子供ができて良かった~

      2017/04/24

※全面的に書きなおしました。

うちの旦那は鬱病で3回会社を休職(その後退職)しています。
旦那が2回目に休職している頃、『ツレがうつになりまして。』を読みました。

失礼ながら作中に描かれたツレさんの病状に比べれば旦那はマシだと感じられ「そこまで深刻にならなくてもいいか」と思えました。
読んだことで気持ちが楽になり、とてもありがたかった。

この本で2人に子供ができたことを知り、よかったな~と思いながら読みました。

2008年10月に単行本発行。

2013年6月に文庫版発行。

amazon ★★★★(3.8)
楽天 ★★★★(4.32)
※2013年4月22日の点数です

SPONSORED LINK

【内容紹介】

「結婚12年 38歳高齢出産 ツレのうつ 逆子 帝王切開」この次から次への荒波を乗り越え、貂々さんは産みました!!
逃げることなく、逆境に前向きに向かっていった高齢ママの感動・爆笑コミックです。

【感想】

一番長く読んでいる妊娠・出産漫画かも知れません。
そのせいか、読む時期によって全く感想が変わってびっくりします。

作者のプロフィール

細川貂々さんは代表作『ツレが鬱になりまして。』。
結婚12年目、38歳の時に息子・ちーと(千歳)くんを出産。

現在は貂々さん、ツレさん、ちーとくんの3人家族。
続編として育児漫画『ツレと私の「たいへんだ!」育児』や『ツレはパパ1~3年生』があります。

この漫画の好きなところ

最初読んだのは旦那さんと同棲していた時期。発売直後に『ツレうつ』の続編として読みました。
ツレさんの鬱病や金銭的な事情により、子供を諦めていた2人に子供が出来たのが嬉しくて、うちも出来るといいな~…と希望が持てました。
slooProImg_20140218084900.jpg

2回目に読んだのは妊娠した時。
その時気付いたのは「高齢出産の厳しさ」のようなもの。
病院選びにしろ帝王切開での出産にしろ、とにかく「安全に産むこと」を最優先に考えないといけない。
作者が考えたり調べたり迷ったり、時にわがままを言ったりしながら、選んだり諦めたりする様子が印象に残りました。
slooProImg_20140218084844.jpg

3回目に読んだのは2013年の4月頃。娘を生んで約1年。
この時は、夫・ツレさんの行動が引っかかって仕方なかった。
1年前は面白かった漫画が面白く感じられないこと、1年前は作者に感情移入できたのに今は出来ないことにびっくりしました。
自分が産後クライシス期で旦那さんとぎくしゃくしていたこと、作者が描いた育児漫画を読んだ直後だったことも影響しているかもしれません。
slooProImg_20140218084915.jpg

4回目に読んだのは最近です。娘1歳9か月。
今回は面白く読みました。
他の妊娠・出産本を沢山読んだこともあり、以前読んだ時には気付かなかった作者・細川貂々さんの作風に気付くことも出来ました。

今回、このコマに衝撃を覚えました。
slooProImg_20140218084846.jpg

こういう疑問をストレートに描けるのところが好きです。「妊婦だからこうしなきゃ」「いい年した大人なんだから」という概念に縛られない感じ。
妊娠して幸せだと感じる部分も描いているけれど、不便だ、嫌だ、…と思ったことも描いている。

私も「妊娠したのだし、仕方ない」と思うのですが、一方で「みんな大人だなー。よく我慢してるなー」とも思うんですよね。
「自分の体じゃないみたいでめんどうくさい」と正直な気持ちを描けちゃうのはすごいし、それを読むことで自分の不満が解消されます。
すごく素直に描かれているせいか、あまり引っかからないんですよね…。
slooProImg_20140218084904.jpg

今回読み直して、貂々さんもつわりが酷かったことに気付かされました。
食べないと気持ち悪いのに、食べられない食べ物が多く、食べられるのは柿の種とチーかまだけ…。
slooProImg_20140218084848.jpg

匂いにも敏感で、ちょっとした匂いにも気持ち悪くなる。
ツレさんが作ってくれた料理も匂いで吐き気をもよおすのでイラッとされてしまったり…。

作ったツレさんが怒る気持ちもよく分かるんです。
旦那さんが色々やってくれるとまた違った問題が出るものですね。
slooProImg_20140218084850.jpg

酷いつわりは1カ月以上続き、減る体重、そして気力。
「この吐き気はずっと続くのではないか…」絶望しながらも、床に臥せるになるしかない日々。

その時ふと、「鬱病のときのツレはこういう気持ちだったのかも?」と気付く。
そして「これはツライなあ…」と鬱病だった時のツレさんに想いを馳せる。

この場面はとても好きです。
slooProImg_20140218084854.jpg

今回読み直して、そういえば自分が細川貂々さんの作品の好きなところって、作者の素直な気持ちを描けるところだったなあ…と気付きました。

場面によっては「…いや、大人なんだから…ちゃんとやろうよ…」とも思ってしまうんですが、常識に縛られずに描かれている部分がピッタリなときはすごいと感じます。
slooProImg_20140218084920.jpg

気になるところ

最後に、気になる点を。
私は産後に読み直した際、気になる部分が増えて面白く感じられなくなったので。
とりあえず気になったのはこの3点

1)ボリューム不足
2)母親学級に登場するおかあさんの発言
3)ツレさんの言動…

1)ボリューム不足

さくさくと読める反面、マンガを読み慣れている人には物足りなく感じると思います。
逆に、漫画を読みなれていない人でも読めるとも思います。

私は漫画を読むほうなので『ツレうつ』を読んでなかったら物足りないと感じてたと思う…。
(最近は情報量が多い妊娠・出産漫画が増えているので余計にそう感じてしまうのかも知れません。)

2)母親学級に登場するおかあさんの発言

お金がかかるから妊娠6か月まで診察しなかったって…??
実際にそういう人がいたのでしょうから作中で描くのは構わないのですが、注釈が入っていないのが気になりました。
読んで誤解する人もいるんじゃないかなあ…?
slooProImg_20140218084902.jpg

多くの自治体では、妊娠中の診察・検査費の補助券を発行しています。
補助券をもらえるのは母子手帳発行後です。私は妊娠9週目に手続きを行いました。

私の場合、全額負担したのは妊娠がわかった時と母子手帳発行前2回の診察でした。
初診料もとられたので、トータルで13000円払いました。

私の住む自治体では診察費5000円と検査費全額を補助してもらえました。
診察費の自己負担は1回500円でした(これは病院によりますが、選べば自己負担は1回0~2000円程度で済むはず)。
診察は最初は4週に1回、7ヶ月(24週)から2週に1回のペースです。

自治体によって補助内容は異なりますが、補助はあるので市役所などに確認した方がいいと思います。

働きながら6か月も受診しないとか…。
確かにお金はかからないけれど、赤ちゃんや自分の身体に何か起きたらどうするつもりだったんだろう…。

3)ツレさんの言動…

産後に読み直した時、出産方法についてツレ(旦那)さんが色々と意見を言っているのにひっかかってイライラしました…。
この辺は夫婦の関係性もあるので、妻である貂々さんが気にしないなら良いとも思うのですが、私は言われたくないなあ…。
slooProImg_20140218084913.jpg

赤ちゃんと母体の安全を考えると帝王切開という選択を薦めるのはわかるんです。気持ちとしては。
でも産むのも、痛い思いをするのは貂々さん。作中でも「経験してみたかった」と描いています。

ツレさんの気持ちは分かるけれど、産む人の気持ちが固まるのを待ってあげてもいいんじゃない?…と思えて仕方なかった。
(妻の初めての妊娠に、夫であるツレさんも不安で揺れていたとは思います。)

ただ、貂々さんの場合は結果的に、帝王切開がベストだったみたいで。
事前に帝王切開を選択したことで無事に産むことが出来た。(ツレさんから色々言われた)経験も良い方向に変わる気もしました。
slooProImg_20140218084922.jpg

一方で、ツレさんは育児に積極的な優しい夫だとも思います。
買い物袋一つ持たさないとか…。偉いよな…。

冷静に読み直すと、「育児に協力的で」「あまり小言を言わない」旦那って、無いものねだりかもしれないなあ…と気付かされました。
slooProImg_20140218084908.jpg

まとめ

高齢出産で直面する不安は色々書いてありましたが、作者自身がこのタイミングでの妊娠・出産を喜んでいるので、そこはとてもよかったと感じます。
出産後、3人で退院する場面の描き方がステキだと思いました。
slooProImg_20140218084924.jpg

 - 1-1-2 出産時の年齢が30~39歳 ,

PR

スポンサードリンク

PR

スポンサードリンク

    最後までお読みいただき、ありがとうございました!

    気に入った記事はシェアしていただけると嬉しいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • ブログの中の人をフォローする:

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

『いのちのタマゴ』(スズキユカ)感想~痛みと涙を乗り越えて。不妊治療奮闘記~

漫画家のスズキユカさんが、ご自身の不妊治療体験を描いた漫画です。 ネット上の評価 …

『ママだって、人間』(田房永子)感想~~ママと私とオンナの関係~

『母がしんどい』の田房永子さんによる、妊娠・出産・育児漫画です。 単行本は描き下 …

『おひとりさま出産』(七尾ゆず)感想~年収200万円以下!ワーキングプアなアラフォー漫画家による本気の妊娠体験記~

38歳、年収200万円以下の漫画家が、結婚せずに1人での妊娠・出産(・子育て?) …

『れもん、うむもん!』(はるな檸檬)感想~育児マンガ初のマタニティブルー漫画~

連載中に読んで興味深かったので単行本も購入しました。 表紙デザインがブルーナ調で …

『妊婦な日々。』(梅川和実)感想〜男性にも読みやすい、妊娠解説漫画〜

妊娠・出産漫画ですが、元獣医で現在漫画家という異色の経歴を持つ作者の解説が丁寧で …

『ニンプ道』(たかはしみき)感想~ぬしさまと歩いた十月十日の道のり~

こげぱんをデザインしたイラストレーター、たかはしみきさんの妊娠・出産漫画です。 …

『うわばみ妊婦』(カワハラユキコ)感想~”楽しみを生み出す”37歳のマタニティ・ライフ~

宴会好き、お酒好きなイラストレーター・カワハラユキコさんによる妊娠・出産漫画です …

『ままんちゅ! 』(天野こずえ)~4コマ漫画。でも天野こずえワールド!~

『ままんちゅ!』は、『ARIA』や『あまんちゅ!』などの創作漫画で活躍中の天野こ …

『おかあさんまであとすこし!』(和田フミ江)感想~笑えて学べて想像できる、名作妊娠漫画~

2014年初めての感想文は和田フミ江さんの妊娠・出産漫画です。 前半の29話で第 …

『節約一家森川さんちのくすくす子育て』(森川弘子)感想~助産師さんと二人三脚の出産

全体にほっこりあたたかい雰囲気で楽しく読みました。 「節約一家」とついているので …