育児漫画目録

妊娠・出産・育児漫画のカタログ

*

『れもん、うむもん!』(はるな檸檬)感想~育児マンガ初のマタニティブルー漫画~

      2017/04/16

連載中に読んで興味深かったので単行本も購入しました。
表紙デザインがブルーナ調でかわいらしいです。

マタニティブルーというか、妊娠・出産・新生児育児中に作者が感じた戸惑いや苦痛を描いている作品なので、まとめて読むとちょっと重いというか、読みながら一人目を生んだ時の大変さが思い出されてぐっときました。

全124ページ、864円です。紙の単行本のみで電子書籍はまだ発売されていません。
出版社サイトで4話まで読めます。

れもん、うむもん! ――そして、ママになる――

はるな檸檬 新潮社 2016-03-28
売り上げランキング : 68721

by ヨメレバ

SPONSORED LINK

【内容紹介】

幸せブルーな新米ママを描くエッセイ漫画

つわり、胎動、分娩、母乳……
思うようにならない自分の体と、命を預かることへの緊張。
ママとして最善のことをしたいのに、できない。
贅沢な悩みだと分かっていても、のみこめない気持ちを抱えて
身も心もズタボロになった日々。
シアワセだけじゃ、産めません……。

「しんどい」気持ちにそっと寄り添う、ママたちの味方の一冊

【感想】

作者のプロフィール

作者のはるな檸檬さんは1983年生まれ。代表作は『ZUCCAXZUCCA』。
育児漫画『ママはテンパリスト』でお馴染みの東村アキコさんの元アシスタントでもあり、帯にコメントが寄せられています。
れもん、うむもん!

漫画の構成

妊娠編、出産編、育児編の3部構成で、それぞれ40ページ程度の漫画で構成されています。
描き下ろしは文章の前書き2ページと、あとがき漫画2ページ、漫画の間に描かれたカットが数点です。
れもん、うむもん!

この漫画の特徴

「まえがき」の一文目に「出産は、しんどかったです」と書かれています。
れもん、うむもん!

帯にも”育児漫画業界初のマタニティーブルー漫画”とありますが、妊娠から出産、その後の育児に関してネガティブな側面も描いている作品です。
経験者としては「そうそう、そうなのよね~」と思う反面、共感して当時を思い出し暗くなってしまいます。
漫画を読んで幸せな気分に浸りたい方にはお勧めしません。
れもん、うむもん!

つらいことだけを描いているのではなく、幸せに感じる部分についても詳細に描いてあるのですが、分量としてはつらいことの方が多いです。
れもん、うむもん!

「妊娠編」ではつわり、体型の変化、ホルモンバランスの変化、妊娠糖尿病などについて描かれます。
”「大丈夫」と「もう無理」の境界を判断するのが苦手”な作者だからなのか、つらさの描写が丁寧で共感しました。
れもん、うむもん!

出産は帝王切開だったのですが、帝王切開の手術の様子や手術後の痛みについて、今まで読んだ本の中で一番詳しかったように思います。

「育児編」はおっぱい拒否、胸の痛み、頭痛などの身体のトラブル、母親との喧嘩、眠る間もない育児の日々について描かれています。
れもん、うむもん!

好きなところ

出産直後、手伝いに来てくれたお母さんと大喧嘩をしてしまった、というエピソード。
私も産後、母と喧嘩したのを思い出しました。あれは何だろう。ホルモンバランスのせいだとも思いますが、慣れていない子育てにいっぱいいっぱいで、冗談もすべて本気で受け取ってしまうんですよね。
れもん、うむもん!

その後、夫と二人で子育てをするわけですが…。うん、ぐっすり寝たいと渇望しますよね…。
子どもが大きくなった今は朝までぐっすり眠っていますが、子どもが生まれて1年くらいはゆっくり眠れなかったな…。
れもん、うむもん!

ブルーな表現だけでなく、子どもがいることで幸せに感じる部分の描写が丁寧で。
”宇宙からやってきた未知の、でもものっそいかわいい生物が家にいる幸せ”というのは秀逸な例えだと思います。

自分の子どもだからかわいいというより、ちょっと前までいなかったのに今目の前にいて、笑ってくれたりすると本当にかわいい。
そして、そのかわいい人との毎日がふと、幸せだと感じる。
れもん、うむもん!

まとめ

現在妊娠中の方が読むと、逆に不安になってしまいそうなのでお勧めしにくいのですが、出産後、不安や孤独感を抱いている方には是非読んでほしい一冊です。

私にとってはもう4年近く前の出来事で、その辛さも孤独感もだいぶ忘れておりますが、読んで思い出し、あの頃の自分、よくがんばってたな~と褒めてやりたい気持ちになりました。

***
2017/4/17追記:
WEBで息子さんとの日常を描いた育児漫画を連載しているようです。

●『はるな檸檬の「わたしの場合」』

 - 1-1-2 出産時の年齢が30~39歳 , , ,

PR

スポンサードリンク

PR

スポンサードリンク

    最後までお読みいただき、ありがとうございました!

    気に入った記事はシェアしていただけると嬉しいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • ブログの中の人をフォローする:

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

『ままんちゅ! 』(天野こずえ)~4コマ漫画。でも天野こずえワールド!~

『ままんちゅ!』は、『ARIA』や『あまんちゅ!』などの創作漫画で活躍中の天野こ …

『うわばみ妊婦』(カワハラユキコ)感想~”楽しみを生み出す”37歳のマタニティ・ライフ~

宴会好き、お酒好きなイラストレーター・カワハラユキコさんによる妊娠・出産漫画です …

『おひとりさま出産』(七尾ゆず)感想~年収200万円以下!ワーキングプアなアラフォー漫画家による本気の妊娠体験記~

38歳、年収200万円以下の漫画家が、結婚せずに1人での妊娠・出産(・子育て?) …

『びっくり妊娠 なんとか出産』(細川貂々)感想~2人に子供ができて良かった~

※全面的に書きなおしました。 うちの旦那は鬱病で3回会社を休職(その後退職)して …

『おかあさんまであとすこし!』(和田フミ江)感想~笑えて学べて想像できる、名作妊娠漫画~

2014年初めての感想文は和田フミ江さんの妊娠・出産漫画です。 前半の29話で第 …

『ママだって、人間』(田房永子)感想~~ママと私とオンナの関係~

『母がしんどい』の田房永子さんによる、妊娠・出産・育児漫画です。 単行本は描き下 …

『いのちのタマゴ』(スズキユカ)感想~痛みと涙を乗り越えて。不妊治療奮闘記~

漫画家のスズキユカさんが、ご自身の不妊治療体験を描いた漫画です。 ネット上の評価 …

『妊婦な日々。』(梅川和実)感想〜男性にも読みやすい、妊娠解説漫画〜

妊娠・出産漫画ですが、元獣医で現在漫画家という異色の経歴を持つ作者の解説が丁寧で …

『花津ハナヨの妊活→出産 一直線!』(花津ハナヨ)感想~妊活から出産まで、情報満載の一冊~

2014年1月31日発売の妊娠・出産漫画です。 作者の妊活(不妊ドッグ→タイミン …

『2人目まだなんです』(桜まづる)感想~”妊娠できて当然”ではない?2人目不妊の現実~

イラストレーター・桜まづるさんによる、自費出版電子書籍(Kindleのみ)です。 …