育児漫画目録

妊娠・出産・育児漫画のカタログ

*

【読後感想】『生理用品の社会史-タブーから一大ビジネスへ』(田中ひかる)~生理用品の登場と”月経観”の変化の記録~

      2017/04/24

「読んで読んで!みんな読んで!」…て思うくらい、丁寧に綴られた本でした。
最初は単純に「生理用品の歴史か~!面白そう!」…だったんですけど、読んでいくと「女性が権利を取り戻していく歴史」のようにも思いました。

漫画ではなく、論文調ですが柔らかく読みやすい文章です。
295ページ・2592円で、電子書籍はありません。

amazon ★★★★(4.0) ※レビュー1件

SPONSORED LINK

【内容紹介】

いまや日本の生理用品の性能は世界最高水準にあるが、半世紀前に使い捨てナプキンが登場する以前は、欧米と比べ、かなり遅れていた。
なぜ日本では長い間、生理用品が進化しなかったのか。そしてなぜ、短期間で進化を遂げることができたのか。
また、日本ではタンポンの普及率が低いが、これにも理由がある。
本書では、ナプキン以前の経血処置法と、その進化を阻んだタブー視の背景をたどり、戦後の生理用品発展の軌跡を追う。
女性の社会進出を陰で支えた生理用品の日本独自の発展史を描く。

【感想】

この本を読んで、生理用品が選べるって幸せなことなんだな、と思い知りました。

テレビでも生理用ナプキンのCMが流れる。
こうやってブログという、大衆が目にするメディアに「生理」とか「月経」という言葉を書ける。
ネット通販で紙ナプキンも布ナプキンもタンポンも月経カップも買える。

それが当たり前の世の中。

でも、そんなことが出来なかった時代があった。
月経なんて口にするのもはばかられる。経血は陽の下にさらせない。そんな時代があった。

実はほんの50年前まで、そうだった。

「生理用品を選べる」という、私たちにとって当たり前のことが、当たり前ではなかった。
「生理用品を選べるようになった」ことで、女性の意識は大きく変化した。

そんな事実を気付かせてくれる本です。
slooProImg_20150109074559.jpg

月経がタブーだった時代と、ナプキン以後の変化

私は古代の日本を舞台にした小説『金の海、銀の大地』(氷室冴子)2巻を読んで、「生理中の女性は忌屋で過ごしていた」という説を知りました。
忌屋は、家とは別の場所に作られた場所で、生理中や産褥期の女性が過ごします。
”血は穢れ”を避けるといった意味合いだけでなく、女性が身体を休ませるための社会システムであったようです。

この本を読んで、忌屋は戦後の日本に存在していたと知りました…。
マ ジ で す か 。と突っ込まずにはおれませんでした。古代の話かと思ってたのに、昭和の時代まで残ってたなんて…。

少女漫画でいうと、渡辺多恵子さんの『風光る』。女の子が男装して新撰組に入る…という漫画ですが、この中で「お馬」という手作りの生理用品が登場します。
漫画のあとがきに「女性の生理に関する史料が見つからない!」という作者の怒りの声?苦労話も書かれていましたが、この本を読んでも、神代〜江戸時代における、月経や生理に関する記述や史料が少ないことが分かります。
(穢れは灌ぐべきものなので、記述したり残そうとする可能性は低いので仕方ないけど…。世界的にもそうなのかしら…。)

明治時代の女性は、ゴムのバンドを巻いて、脱脂綿を詰めたり、ボロ布を敷いたりしていた。
穢れだからと、人の目につかない場所、日陰で洗っていた。太陽で殺菌できないから、衛生的にも最悪な状態だったようです。
slooProImg_20150109074558.jpg

1947年生まれの母が子どもの頃は、脱脂綿を半紙に包んで、ナプキン状のものを用意していたそうです。作り方はお姉さんに習ったらしい。ゴワゴワしているしズレるし、面倒くさかったと話していました。

1960年代に「アンネナプキン」が登場し、一大ムーブメントを起こした。
生理用品といえば「ナプキン」という時代がやってきた。

生理のことを「アンネの日」と呼び、穢れではない、恥ずかしくないことだと、前向きにとらえることが出来るようになった。
そうしていく中でだんだんと、女性の意識が変化し、普通に「生理」と言えるようになった。

ふんだんな資料と共に、女性の意識が変化していく歴史が綴られています。
slooProImg_20150109074559.jpg

生理用品(ナプキン)の歴史、たったの50年程度です。
日本での登場はアメリカなど欧米諸国から40年遅れたらしいので、人類史で考えても90年程度です。

祖母の時代にはタブーだった。母の時代に意識が少しづつ変化して、私たちの時代には当たり前になった。
娘の時代には選択肢も増え、好きに選べる時代。

世代によって「性」に対する意識が違うと感じるのは「月経」という当たり前のことを「タブー」としていたかどうかの差もあるような気がしました。

脅し系ナチュラルへの冷静なツッコミもあるよ

この本を知ったキッカケは、この記事でした。

●昔の女性はできていた!? 気になる「経血コントロール」のホントのところ
http://bizlady.jp/archives/7550
(※2017/4月現在は公開されていません)

本の中で書者の田中ひかるさんは、布ナプキンの効用を主張する論文に対し、冷静に「根拠がない」と切って捨てていました。フラットな姿勢に好感を持ちました。
本の中で紹介していたお店のページも、説明が丁寧で、素敵でした。

廃油石けんと布ナプキン Natural*Eco
http://naturaleco.info/

経血コントロールとか紙ナプキンには経皮毒があるから布ナプキンを使え!という「脅し系ナチュラル」が話題ですが、商品を売る為の根拠(データ)の無い「デマ」なので、みなさん信じないでくださいね(^_^;
商売の構造については「母乳が出るハーブティは、江戸しぐさと同じ」て記事を参照ください。
高価な布ナプキンもありますが、”母乳に効くハーブティ”と同じで、アフィリエイト報酬が高く設定されています。

私も布ナプキンを愛用しています。見た目がかわいいし、ゴミが出ないし、肌の状態もよくなったので。
でも、紙ナプキンも便利だし、外出する時はタンポンも使ってます。
月経カップも使ってみたいから生理再開したら買う予定です。

月経カップなどについては、この辺を参照ください。
溜める生理用品「月経カップ」(Natural*Eco)
肌の弱い方の参考になるかも?月経カップや布ナプキンなど生理用品について

デマで脅して商品を売りつけるのは違うと思うし、今を作った方たちに失礼だと思うわ…。

まとめ

生理用品を選ぶ。
それによって、女性の意識も変わる。

自分の体が、自分のものだということ。自分の心が自分のものだということに気付く。

そういう歴史の積み重ねで、今の「女性」てものが存在するのだと思いました。

普通だったら手にしないと思う本ですが、とても良いので是非読んでください。

 - 3-2  【読書記録】最近読んだ本メモ

PR

スポンサードリンク

PR

スポンサードリンク

    最後までお読みいただき、ありがとうございました!

    気に入った記事はシェアしていただけると嬉しいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • ブログの中の人をフォローする:

  関連記事

【読書記録】最近読んだ本~『伸びる子の育て方』『ワーママ時間3倍術』『子どもとペットとスッキリ暮らす掃除術』など5冊

1日1冊は本を読んでる人間で、ここ最近も色々と読んでいます。 ただ、「これ読んど …

【感想】奥原まむさんの『まんが家さんの修羅場めし』に3人の育児漫画家さんと編集Sさんが出ていて驚いたはなし

管理人・末尾は「料理漫画目録」というブログも運営しています(現在は休んでます)。 …

【読書記録】「VERY」(2014年11月号)にたちばなかおるさんが出てました~育児漫画家へのインタビュー記事の記録

ブログを始めてから、育児漫画に関するアンテナが立っているのか、たまに不思議なこと …

【読書記録】『高橋大輔実演DVD付 シンプルエクササイズ』(監修:渡部文緒)は産後の筋力トレやダイエットにお勧め!

本を読んでトレーニングを始めて1週間なのですが…これはイイです! 簡単だし短時間 …

【読後感想】池上彰が読む「イスラム」世界(池上彰)~ニュースで目にする「イスラム問題」の基本がわかる本

池上彰さんの本は読みやすくて好きです。 昨年、テレビ東京系の番組で、池上さんが大 …

【読書記録】最近読んだ本~『イライラしない子育ての本』『月収20万円でも子供を大学に入れる! 進学マネー術』など3冊

『王子と赤ちゃん』『うわばみ妊婦』『まんが親』『コアソビー』などなどの感想を書き …

【読書記録】最近読んだ本~『子どもへのまなざし』『チャイルド・プア』『児童精神科医ママの子どもの心を育てるコツBOOK』など7冊

最近読んだ本の一言感想です。 気が付けば妊娠28週、8か月目に突入しました。 娘 …

【日記】最近読んだ本『やっぱりサラリーマンは2度破産する』『絵本からうまれたおいしいレシピ』など4冊

読書記録です。 2人目を出産してからあまり読めてなかったのですが、友達に薦められ …

【知識】親が亡くなった時に必要な名義変更などの手続きと、役に立つ本まとめ~自作のExcelシートつけました

自分が義理の父を亡くした時に参考にしたことです。 人の死に際して考えることは大き …