WEBで読める漫画

【日記】映画『子宮に沈める』と漫画『サボテンの花』~大阪二児放棄事件~

投稿日:2013年10月31日 更新日:

育児漫画ではないのですがご紹介。

今日、はてなブックマークに上がっていた大阪二児放棄事件をテーマにした映画『子宮に沈める』の監督インタビューを読みまして。
公式サイトに行ったらトップページを見ただけで、打ちのめされて、胃が痛む…。

見た人に訴える力のある良い写真てことなのですが。映画を見る勇気はわきませんでした。姿が娘とかぶってしまう。こわい。

(映画の公式サイト)
子宮に沈める

(インタビュー)
母親を子宮に沈める社会 ――大阪二児遺棄事件をもう一度考えるために

SPONSORED LINK

妊娠・出産後、自分の中で大きく変化したことが2つあります。
1つは、町を歩く子供に目が行くようになったこと。少子化って本当か?と思ってしまいます。
もう1つは、子供が犠牲になった事件を聞いたときの自分の反応。

この事件は私が妊娠するより前、2010年に発生しました。
裁判は終わり、子供たちを餓死させた母親は懲役30年の刑が確定しています。

※事件詳細はこちらを参照ください…。残酷な情報も多いので閲覧注意。
大阪2児餓死事件

====

偶然ですが、昨日、同じ大阪の事件をテーマにした『サボテンの花』という漫画を発見し、読みました。
「同じマンションの住人」が主人公で、虐待を発見した時近くにいる人間としてどうすればいいのか?を考えさせ、いくつかの方法を示してくれる漫画です。
(2017/4/16追記:公開を中止したのか、アプリDLができなくなりました。)

=====

まずは自分が余裕があって元気な状態でないと!自分優先で考えるようにしています(気を抜くと娘・旦那優先で我慢してストレスを溜めるタイプなので)。
私の息抜きの方法はこんか感じです。

1.寝る。
私も旦那も鬱病の経験があるのですが、鬱病の前兆に眠れない(寝付けない・朝早く目が覚める)があり、意識して眠るようにしています。
 →娘を旦那にまかせる
 →娘を義母、義姉にあずける
 →ファミリーサポートセンターで預け先を紹介してもらう
 →一時保育(上で間に合っているので使っていません)

2.育児漫画を読む。
 →自分だけじゃないとか、気楽にいこうとか思える。

3.児童センターに行く
 →ほかのお母さんに会うと、なんだかよくわからないがパワーをもらえます。

4.ネットで元気をもらえそうな記事をよむ。
 →先輩ママさんの言葉は元気でます。おススメはこの辺。
 ・毎日イライラ子育てが一転、ニコニコ笑顔になりました(発言小町)
 ・お母さんは今日もあなたが大好き(Yahoo知恵袋)
 ・陣痛中、ベッドで唸っていたら何と亡くなった夫がベッドの真横に居る
 ・何をやっても泣き止まない…育児が大変だと思っているあなたへ

5.ネットで解決策を探す
 ・赤ちゃんが泣く時、不快を感じている・・・
 

SPONCER LINK

SPONCER LINK

-WEBで読める漫画
-, ,

Copyright© 育児漫画目録 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.