【記録】とある新人漫画家関連

単行本を拡販する方法まとめ④‐1~ネット上のレビュー(感想)を増やそう!

投稿日:2018年12月12日 更新日:

SPONSORED LINK

今日も単行本の拡販方法まとめ。
前回記事はこちら。

今回はオンライン書店や電子書籍配信サイト、ブログやTwitterなどの感想書き込みを増やそう!というものです。

SPONSORED LINK

オンライン書店での拡販策

色々ありますが、まとめると

・ネット上のレビュー(感想)を増やす
・感想を書いたら当選するプレゼント企画を実施
・きんどうさんなど、漫画紹介サイトと協力してキャンペーン
・オンライン書店限定の特典をつける
・試し読みページを用意する
・SNSを活用して盛り上げる(在庫状況やランキングをアナウンス)

今回はAmazonと楽天ブックスだけでなく、リアル書店にも影響するであろう「レビューを増やす」作戦を考えます。
上で挙げた項目のうち、この2つについてです。他は別の記事で。

・ネット上のレビュー(感想)を増やす
・感想を書いたら当選するプレゼント企画を実施

ネット上のレビュー(感想)を増やす

レビューを書いてもらうメリット

前の記事で出した「書籍の購入場所の上位は「街中の書店、オンライン書店、デパートなど商業施設の書店」という調査のグラフでも「本のレビューが参考になる」を抜き出しましたが、重要です。

拡大してみましょう。
「本のレビューが参考になる」を女性の22.1%、約2割が選んでいます。男性も15.3%選んでいます。

この傾向は書店に限らず、食品や服飾品でも言われることです。
例えば楽天市場は女性ユーザーが多いですが、Amazonと比べると、色々な商品画像と商品説明(文章)、レビューの引用が多い構成になっています。満足出来なかった時の返品保障をうたうお店もあります。

※一例 →楽天市場「風味絶佳・山陰」

女性は男性に比べて、直感で新しいものを買うことが多い反面、「買い物に失敗しない」よう心がける人も多いです。
漫画を買うときも同じで、レビューを読んだり情報を集めた上で、自分に合うかどうかを判断します。

女性に買ってほしい、読んで欲しいなら、レビューを増やすのは必須と言っていいでしょう。
※論拠にした女性の購買行動に関する調査はこちら。興味があれば。
「女性のお買い物好き」その理由は、女性特有の脳の働きにあった?

レビューは最後の一押しになる

また、同じ記事でも書きましたが、「新作・新人作家の作品はリアル書店で買う」傾向が強いです。作品に興味を持っても、冒険はしない(知らない作家の作品は買わない・読まない)人が多い。

「作家名・作品名は知らないけど、絵の感じは好きだし、面白そう…」と思った人がお金を払って漫画を買う「決断」をするには、もう一押しが必要だと感じます。

「最後のもう一押し」の中で、作者・編集者の努力次第で増やせるのが読者によるレビューです。
SNSを活用すれば、作品を知ってもらうきっかけにもなります。

小山健さんの漫画

『お父さんクエスト』発売から1週間が経った頃、小山健さんは漫画で「レビュー書いて」とお願いしました。
引用画像はTwitterですが、Instagramでも投稿してました。
(小山健さんもTwitterのフォロワー7.7万人、Instagram 6万人でSNS力が高い作家の一人です。)

レビューは1日で一気に増えました。
この漫画を流す前は5件で、2日後には24件になりました。2018年12月現在は40件です。

レビューは買う時の参考になるだけでなく、数が多い=売れている雰囲気が出ます。小山さんのようにお願いし、レビューが増えたらお礼を伝えるのも良いと思います。

裏技的なこと

楽天ブックスは購入者限定ですが、AmazonはAmazonで買ってない人でもレビューが書けます。
購入したかどうかは、表示で見分けることができます。

売上への影響

レビューで売上は上がるのか?

上がると思います。
効果を発揮するのは発売直後ではなく、発売して時間が経って、

・電子書籍がセール価格or無料になった時
・電子書籍の広告が打たれた時
・雑誌、TV番組、ニュースサイトなどで紹介された時
・SNSで話題になった時

…だと思います。要は、作品を知らなかった人が作品の存在をを知った、興味を持ったタイミング

Amazonや楽天ブックスに直接行く人もいれば、Googleなど検索エンジンでエンジンでタイトルを検索する人もいます。
最近はTwitterやInstagramなど、SNSで検索する人も増えてます。
(私はTwitterやInstagramでもレビューを投稿しているので。たまに古い投稿にいいね!がついたりします。)

レビューが多い=売れてるから買ってみよう
★5、★4レビューがある、読める=面白そう、大丈夫そう
★2、★1レビューがある、読める=自分には合わないかな?買うのを止める

レビューで売上は下がるのか?

★の平均点が3以下になると売れにくいとは思いますが、私はレビューが全くない方が買いにくいです。売れてない感=全く面白くない感じがするから。

★1のアンチコメントが1件とかだと逆に興味が出ますね…。でもこれは少数派かなあ…(^^;

★1レビューを元に買わない人もいますが、「買って損した…」と思われるよりはマシだと思います。
(人間、買って損したと思うと愚痴を言ったり、作品を貶めてうっ憤を晴らしたくなるので…悪評が増えます…)

ブログ記事は?

漫画が気になった時、Googleなどで検索して、感想を探す人も少なくありません。

私は色々な作品のレビューをブログに書いてますが、ブログでのレビューは電子書籍がセール or 1巻無料の時や広告が出た時、テレビやラジオ・WEBニュース等で紹介された時に読まれ、購入に繋がります。

事例は示せませんが、例えば「めちゃコミック」での売上は多いけど、他の電子書籍の売上はイマイチ…という場合は、電子書籍の配信元(Kindle、Renta!、シーモア、Yahoo!コミック等々)にレビューを書くよう、Twitterなどでお願いしても良いかも知れません。

電子書籍はセールの時などに検索エンジン経由でレビューを読みに来る人が多いので、ブログ記事が役に立ちます。
プレゼントは難しいんですが、呼びかけるだけでも違うとは思います。

電子書籍が売れるようになった今だからこそ、丁寧なブログレビューが必要とされます。

※ただ、私の場合、普段はレビューを書いても読まれませんし、作品はほぼ売れません…。売れて2冊くらいかな…?それでも嬉しいのですが(^^;

プレセントキャンペーン

SNSを活用し、ハッシュタグをつけ、表紙画像を添付して投稿した人から抽選でプレゼントをあげる、といった企画。
TwitterやInstagramでの感想の投稿が増え、お祭りっぽい雰囲気を生み出します。

・全員にプレゼント(デジタルデータ)
・抽選でプレゼント(実物)
・抽選でプレゼント(デジタルデータ)

…の3パターンがあります。

事例は別の記事にまとめましたので、そちらを参照ください。

まとめ

以上、ネット上のレビューを増やす方法について、でした。

色々書いてますが、SNSでレビューを書くよう呼びかけるのと、プレゼント企画を実施する、以外ない感じ…(^^;)
プレゼントのバリエーションを参考にして頂ければ。

次回は、ネット上でレビューを読める場所と、Amazonレビューの質についてです。

単行本を拡販する方法まとめ④‐2~Amazonレビューの”質”ってどうなの?

SPONSORED LINK はい。昨日の「ネット上のレビューを増やそう」の続きです。 レビューは、買うのを迷っている人の背中を押すのに有効だから増やしていこう!と書きました。 増やすならAmazon ...

続きを見る

***
「単行本の拡販策まとめ」、他の記事はこちらで参照ください。
【記録】とある新人漫画家関連

SPONSORED LINK

<script>


<script>

SPONSORED LINK

<script>


<script>

おすすめ記事

1

SPONSORED LINK Twitterで紹介すると良い反応を頂くので、医療カテゴリを作ってみました。 ネットの情報は玉石混合というか、石にぶつかって奈落に落ちることが多いと思うので、私が参考にし ...

2

SPONSORED LINK さて突然ですが、ここでクイズです。 ご夫婦で一緒に考えてもらえると嬉しいです。

3

SPONSORED LINK おはようございます。末尾です。 「新波【ニューウェーブ】」特集第三弾は、ゆむいさんがサイト「ママの求人」で連載中の『ふよぬけ』です。 ●「新波【ニューウェーブ】」特集記事 ...

4

SPONSORED LINK おはようございます。 今日はWEBで連載中の「母親の死」を描いた漫画をご紹介。 ●母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。(宮川さとし) 毎週金曜更新、4/4(金)に ...

5

SPONSORED LINK 自分が義理の父を亡くした時に参考にした情報や本のまとめです。 人の死に際して、やることは大きく3つあると思います。 1)葬式の準備(日程、開催規模、通夜後の清めの席での参 ...

-【記録】とある新人漫画家関連
-, ,

Copyright© 育児漫画目録 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.