【記録】とある新人漫画家関連

単行本を拡販する方法まとめ②~リアル書店での販促を考える

投稿日:2018年12月9日 更新日:

SPONSORED LINK

こちらの記事の続きです。

【漫画家さん向け】単行本を拡販する方法まとめ①~現代人はどこでマンガを買うのか?

SPONSORED LINK 前提を書くのを忘れていました。 単行本を売ることを考えた時、大切なのは「どこに重点を置くか」です。 事例を見ると、色々な行動を起こしてみたいと感じますが、労力や時間には限 ...

続きを見る

リアル書店の売上はオンライン書店の5倍、売上高のシェアも6割以上と、本(書籍全体)の売上の多くを占めることは分かりました。

とはいえ現在は新作漫画が多数発売する状況です。
単行本を「お店で買ってもらう」為にはどうすれば良いでしょう?。

今回は「リアル店舗に協力してもらって実施する」販促策を紹介します。

私の観測範囲は育児漫画を中心としたコミックエッセイなので、事例もコミックエッセイに偏っています。
コミックエッセイは創作漫画以上に、編集者と漫画家が自力で「工夫して売上を増やしている」ジャンルだと思います。

WEB連載作品の拡販方法については、一番新しいことをしているとも思います。

※このシリーズ、事例が多い為長いので時間あるときに読んでください…。

SPONSORED LINK

大前提

私は新卒採用で某チェーンストアに入社し、店長をしていました。
その経験から言うと、店頭でしっかりとした量を陳列しないと商品は売れません。お客様の目に留まらないからです。

初版部数が少ない場合、どうするか?

漫画に限りませんが、返本率が高い(50%は廃棄されるとも言われる)現在は初版部数が減っています。
例えばコミックエッセイなら初版3000~5000部程度とも言われます。

リアル書店は1万店舗以上ありますから、この部数だと半分以上の店には配本すらされません。単行本の発売を知って書店に足を運んでも買えない人が出ます(販売機会ロス)。
また、多くてもせいぜい2、3冊しか新刊の棚に並ばないでしょう。それだと「作品を知っている人」しか買いません。

『ヲタクに恋は難しい』はなぜ売れた?

例えば、近年まれにみるヒット漫画『ヲタクに恋は難しい』。1巻は2015年4月に発売されました。

この作品は、1巻の初版が8万部です。
Pixivで漫画を発表していた、無名の新人作家のデビュー単行本の初版なのに8万部です。

『ヲタクに恋は難しい』はpixiv内オリジナルマンガでのブックマーク数歴代1位、「次にくるマンガ大賞2014」の「本にして欲しいWebマンガ部門」1位など、読者の支持、数字的な結果も持っていましたが、初版部数については一迅社の決断がすごいと思います。

新人作家の1巻にもかかわらずTVCMも流され、コンビニにも陳列される作品となりました。
結果、『ヲタクに恋は難しい』1巻は発売10ヶ月で100万部を突破しました。
『ヲタクに恋は難しい』(著:ふじた)1巻、 発売から約10ヶ月で累計発行部数100万部突破!!

主人公含め登場人物はオタクで、オタクネタも多い作品ですが、Pixivを読まない非オタク層にも売る気で刷り、売れるだけの広告活動を実施した結果、売れたのだと思います。

『ヲタクに恋は難しい』は作品の出来も良かったけれど、商品やPVを準備して店頭にしっかり陳列し、TVCMなどを使って販促活動を行ってネットで読んでいない新規読者を得ることができたから、売れたのでしょう。
※1巻のレビューを読むと★1レビューも「面白くない」て意見も結構多いですよ…

『ヲタクに恋は難しい』は2018年7月時点での累計部数は700万部。アニメ化に続いて実写映画化も決まっています。
ヲタクに恋は難しい:累計700万部の人気マンガが実写映画化

他の売れてる作品は?

他にも、例えば2018年3月に累計200万部を突破した『君たちはどう生きるか』。
こちらは2017年8月に発売。初版は15000部と、『ヲタクに恋は難しい』に比べれば少ないですが、古い原作本の漫画化作品としては多いと思います。

『君たちはどう生きるか』100万部突破の持つ意味と時代背景

これ以外にも、近年のヒット漫画としてTwitter発の『こぐまのケーキ屋さん』(累計50万部突破)、『おじさまと猫』(累計70万部突破)などあります。

こちらの2つは1巻発売後即重版になり、2刷目を大量に刷ったという印象です。2巻以降も多くしている感がある。どの書店の店頭でも見かけます。
『こぐまのケーキ屋さん』はTVCM、『おじさまと猫』は店頭ポスターなどでPRしています。


1つの店舗で結果を出すのも良い

書店の協力がないと実施出来ませんが、1つの店舗で結果を出すのも手です。

フクチマミさんの『中学英語』はシリーズ累計20万部を突破し、現在は色々な書店の英会話コーナーで見かけます。

「三省堂書店有楽町店」で2016年総合売上1位、3000部も売れたという結果を見て仕入れた書店もあったと思います。

結果を出した単行本は他の店舗も仕入れる

上で挙げた三省堂はチェーン店なので、1店舗でよく売れたら、本部の指示で他の店舗でも売り始めます。
また、書店員さんは他店舗の情報を取り入れて売場を作ることが多いようです。

例えば小説ですが、2017年、「文庫X」と称してカバーを隠して販売する手法が流行りました。これも最初は1つの店舗で行った販促活動でしたが、全国の書店に広がりました。
全国の書店を席巻した 「文庫X」その正体は……(新潮社)

書店員はAmazonランキングもチェックしていると聞きますので、リアル書店でなくAmazonで何らかの結果を出しても良いでしょう。

この「販促策まとめ」が目指すもの

10万部以上のヒット作が中々なかった少し前に比べると、売れる作品が現れただけマシだとも思いますが、ある程度の部数を用意したり、広告を打つことなく、商品が売れることはほぼありません。

私がこれから作る「まとめ」は、初版部数が少ないコミックエッセイの販促事例集です。

目指すところは「重版」です

初版部数が少なくても、増刷されればオッケー。すぐに売れなくても長く売り場に置かれればオッケー。
かけられるコスト(経費、労力)と相談しながら、売上が増えそうな方法を、選んで取り入れて頂ければと思います。

まとめ

それでは次回以降は「実際に行われた販促策」を見ていきたいと思います。

リアル書店と連動したキャンペーンとしては、こんな事例があります。
すごく長いので項目を抜き出します。

・サイン会をひらく
 ―サイン会&ミニトークショー(in書店、作者のみ)
―サイン会&トークショー(inイベントスペース、チケット販売して実施)
―サイン会&トークショー(in書店、2人で対談)
―(余談)『本当に頑張らない育児』の販促策
―サイン会&原画展示(in書店)
 ―ブロガーによるサイン会(in書店)
 ―Instagram作家によるサイン会(in書店)
 ―(余談)サイン会でのプレゼント
 ―原画展&サイン会(inイベントスペース)
 ―セルフサイン会(inイベントスペース)
 ―辻サイン会

・店頭で掲示、陳列
 ―サイン本を書店に置く
―サイン色紙を書店に飾る
―複製原画を飾る
 ―店頭用POP
 ―試読本の設置
 ―店頭ポスターやリーフレット
 ―プロモーション動画を流す

・購入者プレゼント
 ―ペーパー
 ―しおり(店頭で配布)
 ―しおり(単行本に封入)※これはオンライン書店と共通
―SNS経由でプレゼント ※これはオンライン書店と共通

・SNS
 ―店頭での予約方法を漫画で紹介
 ―店頭在庫の照会方法をアナウンス
 ―試読ページをSNSに投稿 ※これはオンライン書店と共通

・コンテストで上位入賞を狙う ※これはオンライン書店と共通
 ―WEB漫画総選挙
 ―次にくるマンガ大賞
 ―100万人が選ぶ本当に面白い WEBコミックはこれだ!

…項目だけでも長い。

次回以降はそれぞれの取り組み(事例集)をまとめます。
それでは~

SPONSORED LINK

<script>


<script>

SPONSORED LINK

<script>


<script>

おすすめ記事

1

SPONSORED LINK 目次1 発達障害特集で書いた記事1.1 今日から【発達障害特集】を始めます~調べる中で感じたことと心配していること1.2 【目録】発達障害の子どもを描いたコミックエッセイ ...

2

SPONSORED LINK こんにちは。末尾です。 今日から、最近の育児漫画作家さんの新しい動きについて、追っていきたいと思います。 この記事は特集の予告も兼ねた「まとめ」記事で、この後、1作品づつ ...

3

SPONSORED LINK Twitterでつぶやいたら反響が大きかったので記録として残します。 役に立てばよいと思う反面、元いた会社の守秘義務を破ることになるので少し嘘を混ぜています。ご了承くださ ...

-【記録】とある新人漫画家関連
-, ,

Copyright© 育児漫画目録 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.