WEBで読める漫画

※公開終了※【WEB漫画】Dモーニングで『コウノドリ』最新話、”出産後入院編”が読めます~11/13早朝まで無料公開中

投稿日:2014年11月10日 更新日:

※公開終了しました※

うちのブログで「おすすめの妊娠・出産漫画」としてご紹介している鈴ノ木ユウさんの『コウノドリ』。

今週、最新話が無料公開されています。
無料で読めるのは最新話のみですが、これだけ読んでも良い作品なのでご紹介。

出産を控えたご夫婦に、特に読んでほしいなあ。

SPONSORED LINK

講談社Dモーニングで『コウノドリ』無料公開中

Dモーニング/コウノドリ
↑題名か本文中の画像クリックでリンク先に飛びます。

「CASE83.戦友」が読めます。シリーズ「出産から退院まで」の後編です。

出産が早く進みすぎて、自宅で赤ちゃんが産まれてしまったという矢沢さん。

産後すぐにはおっぱいが出ないタイプのようですね。私もそうでした。
出産経験がない時には、おっぱいは産んだらすぐ出ると思いこみがちなのですが、実際には出すぎる人、全くでない人、乳首が大きくて赤ちゃんが吸えない、赤ちゃんの吸引力が強すぎて乳首が切れる、赤ちゃんの体力が無くて全然飲まない…等々、おっぱいひとつとっても色々なパターンがあります。
コウノドリ

3日間、誘発したけれど産まれず、帝王切開になった稲葉さん。
「3日間誘発」という時点で頭が下がるんですが、帝王切開してこれから子育て…。うおお。えらい。
コウノドリ

授乳して、検温と血圧測定受けて、シャワーしてごはん食べたらまた授乳。
病院によっては夜も授乳。

私は1人目の時、がんばればすぐにおっぱいが出ると勘違いしていて、出産2日目、3日目と寝ずにおっぱいを与えていました。
娘は全然吸ってくれなくて。訳が分からなくて。ここで躓いたら…と思うと眠れなくて。

助産師さんに「糖水を与えましょう」と言われるのが負けだと勘違いしていて。
今振り返ると、なぜ娘の体調以外の”勝ち負け”に拘っていたのかよくわからないのですが、お産も育児も、自分の想い通りになると、思い違いをしていました。

自分が大きな思い違いをしていたからこそ、色々な人にこの漫画を届けたい。
この話を描いてくれた鈴ノ木先生と、無料公開してくれた編集部に感謝を。あと気付かせてくれた『スイーツ本部長』(重要)。

コウノドリ

『コウノドリ』という作品に興味を持った方はこちらもどうぞ。

『コウノドリ』5巻(鈴ノ木ユウ)感想~立会出産・双子・卵子提供

あと、読んだ人の感想をTogetterでまとめています。
私はDモーニングの配信後に検索したり、Google検索して他の人の感想を読むのが楽しみなのですが、これだけ沢山『コウノドリ』の感想を読める機会はないので嬉しい。

Dモーニング『コウノドリ』83話(産後の入院生活編)の感想まとめ

追記

WEBでの公開終了しました。「出産から退院まで」は8巻に収録されています。

育児漫画ブログで描かれた産後の様子

さらに。双子の男の子2人のお母さん、Pikaさんが『コウノドリ』を読んだ後、自身の入院体験4コマ漫画を描いてくれました。
Pikaさんのブログは更新頻度が高いのと、出産5カ月目とまだ子どもが小さい中更新しているせいか、育児の悩みに絡んだ4コマが多くて興味深いです。

続々ピカ待ち「ふたごえにっき」
ふたごえにっき

妊娠・出産・育児漫画で描かれた出産の様子についても、そのうちまとめたいと思います。

ツイートの記録

記録としてつけておくと、今回、一番RTされたのはこの方のツイート↓だと思います。

↓これが「無料で読める!」と気付いた時の私のツイート。RTありがとうございました。
…でもね…リンクがね…間違っていてね…。ごめんなさいね…orz

『コウノドリ』を応援している医師のみなさんが次々と紹介していたのが印象的でした。

ではまた~。

SPONCER LINK

SPONCER LINK

-WEBで読める漫画
-,

Copyright© 育児漫画目録 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.