出産時の年齢が~29歳

『ダーリンは外国人 with BABY』(小栗左多里)感想~みんなが読めるから、物足りない~

投稿日:2013年4月22日 更新日:

作者と夫・トニーさんとの結婚生活を描いたコミックエッセイ『ダーリンは外国人』の続編です。
息子さんを妊娠~出産が3分の1、1歳までの子育ての様子が3分の2、くらいの割合で描かれています。
国際結婚カップルならではの子育ての悩み-例えば母国語、両親の文化・教育観の違いについてのエピソードもあります。

amazon ★★★★(3.5)
楽天 ★★★★★(4.50)

SPONSORED LINK

【内容紹介】

トニー&さおりに、待望のベビーが誕生。
超心配性な2人の「てくてく」子育て模様を、爆笑ネタ満載でお届けします。
おむつ代えに泣かされる日々、トニー父としての心構え、さおり母の意外な子守唄、そしてベイビーの愛くるしい姿・・・。
子供をバイリンガルに育てるための苦悩(特にさおり)、勃発した「子育てバトル」など、夫婦の関係も、第2ラウンド突入です!

【感想】

作者の小栗左多里さんは28歳で息子さんを出産。
現在はトニーさん、小栗さん、トニーニョ(息子)さんの3人、ドイツのベルリンで生活しているようです。

実は出版されて間もない時期に1度読んでいます。
自分が結婚の準備をしてたせいか、とても楽しく読みました。
トニーニョ(息子さん)がかわいいし、妊娠・出産・育児のエピソードも「ふんふんそうなのか~」と。知らないことも多かったですし。

時間は経って私も結婚、妊娠、出産を経験しました。
2013年、国際結婚した友人が出産を迎えるにあたり、プレゼントとしてあの本はどうかな?…と再び読んでみました。

読んでみると、あれれ?なんだか物足りない…。
妊娠・出産・育児漫画としてもですが、この作品の売りである「国際結婚ネタ」も表面的で、産休前に産まれる子供の社会保険やら扶養やらの手続きで困っていた友達に渡すには気が引けるように思いました。

独身(結婚前)の頃には面白かった本ですが、妊娠・出産を経て「お母さん」になってから読むと、ちょっと物足りない。
『ダーリンは外国人』シリーズ読者が求めているのは「出産等の経験がある人もない人もみんなが楽しめる漫画」だと思います。仕方ないのでしょう。

国際結婚ならではの悩みは尽きないと思うので、続きが読みたい作品です。

(国際結婚~育児漫画としては、「インド夫婦茶碗 (ぶんか社コミックス)」「モーレツ!イタリア家族 (ワイドKC)」「トルコで私も考えた トルコ嫁入り編 (集英社文庫)パリパリ伝説―不思議いっぱいパリ暮らし! (1) (Feelコミックス)」等々あります)

以下、ネタバレありの感想です。

===
小栗さんが妊娠・出産した時期は「ダーリンが外国人」がバカ売れしていた時期と被るのか、妊娠中も出産後も取材などで海外に飛び回っている様子が描かれています。
国際結婚している人や、仕事で海外に行って日本に里帰りする人など、赤ちゃん連れで飛行機の利用を考えている人は、読んでおくといいかと思います。準備した方が良いグッズも描かれていますし、予約の時のことなどもイメージしやすいです。
ダーリンは外国人

私は関東在住で実家は島根県なので、娘を連れての帰省は飛行機で行いました(新幹線+汽車を使うと移動が8時間くらいかかるので、赤子連れでは無理と判断)。
漫画に描かれている海外渡航と国内では事情が違いますが、フライトアテンダントの方たちも親切、乗客の方たちも親切でありがたかったです。

ダーリンは外国人

育児についてトニーと話し合い、感覚の違いからけんかになる、というエピソードも。
国際結婚だから余計にそうなのかも知れませんが、これは日本人同士の夫婦でもありそうな話ですね。
授乳で寝れてなかったりで、必要以上にイライラしてしまったりしますし。

母国語の話は「英語と日本語、2つの言葉で話しかける」てことで終わっているのですが、トニーさんがコラムで「トニーニョ(息子)をトライリンガルに育てる」と書いていまして。本人も「これを工夫というか実験というか…」と書いています。

母国語といいますか、「第一言語」が2種類あると子供が混乱しないのかなあ、と思ったり。
言葉をどう習得させるか、についての夫婦の議論はもうちょっと深く描いてしてほしかったような。
ダーリンは外国人

不満を色々書いてしまいましたが、トニーニョ(息子)さんはかわいいですし、『ダーリンは外国人』のシリーズ作品として読めば十分楽しいです。

=====

「ダーリンは外国人」は映画化されたりしましたが、小栗さんが新作を出さないのが気になっていました。
2010年に「ダーリンの頭ん中2」を出して、それっきり3年かあ…描くのやめたのかな?などと思っていましたら、新シリーズのWEB掲載が始まっていました。

ダーリンは外国人 ベルリン生活はじめました(MFコミックエッセイルーム)
tony3_mini-560x288

トニーニョは登場しませんが、「息子はおにぎりをサッカーボールにすると喜ぶ」と書かれていたりして、大きくなってるんだろうなあ…と思いを寄せたり。
NHK BS-1でテレビ番組も放送されるようなので録画しようかな。

・ダーリンは外国人 ベルリン生活始めました(NHK)

第2シリーズは2013年6月23日開始予定。きっと再放送もされるはず…。

※2014年7月21日追記

新刊発売されました。
トニーニョくんの小学校入学を機にベルリンにお引越し。…なのですが、トニーニョくんはほとんど登場しないようです。
●コミックエッセイ劇場で2話程度試読できます

SPONCER LINK

SPONCER LINK

-出産時の年齢が~29歳
-,

Copyright© 育児漫画目録 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.