【情報】新刊やニュース

【情報】漫画家の上田倫子さんが育児漫画を描ける場(雑誌)を探しているようです~育児漫画の雑誌連載(現状)について

投稿日:2017年4月20日 更新日:

Twitterでの発言をひろってきました。ベテラン作家でも描かせてもらえないとなると、思った以上に育児漫画の雑誌連載は厳しいのかも。

SPONSORED LINK

漫画家の上田倫子さんが育児漫画を描ける場(雑誌)を探している件

Twitterでの発言

そもそも上田倫子さんって?

少女漫画家さんです。私の調査だと2010年(39~40歳?)の時に第1子(娘さん)、2013年に43歳で第2子(息子さん)出産。
最新作は『蘭と葵』

私の世代(アラフォー)だと雑誌「週刊マーガレット」で連載してた『リョウ』が印象深いです。源義経や武蔵坊弁慶など源平争乱が好きな友人とキャーキャー言いつつ読んでた。

育児漫画は「むすまん」というタイトルで雑誌「YOU」に1回1ページ掲載されました(記憶頼みなので詳細違うかも…)。
5月末発売のアンソロジー本『育児ことわざ』にも参加予定。

雑誌「YOU」って?

成人女性向けの漫画誌(月刊)。

育児漫画だと『子供なんか大キライ!』(井上きみどり)や『おにぎり通信~ダメママ日記』(二ノ宮知子)を掲載していたはず…。

村上たかしさんの『くう・ねる・そだつ』、武内直子さんの『姫と王子の●●ぱーんち!』、楠桂さんの『不育症戦記』もYOUじゃなかったかなあ…?(うろおぼえ)

個人的には「定期的に育児漫画を掲載している雑誌」の印象が強いですが、そういう雑誌でも描かせてもらえないという…。

育児漫画の雑誌連載

私の調査なので漏れがあるかもしれませんが。
2017年4月時点で、漫画雑誌での連載は集英社オフィスユーの『おひとりさま出産~育児編』(七尾ゆず)、FEEL YOUNGの『モンプチ』(じゃんぽ~る西)のみ。
あとはぶんか社の「本当にあった~な話」にスポット的に掲載されているくらいです。

流れとしては2015年に雑誌「BELOVE」の『ハロー姉妹』(南国ばなな)、2016年に「YOU」連載の『おにぎり通信』(二ノ宮知子)が終了。雑誌連載と言うか迷いますが「ヒバナ」掲載の『最近の赤さん』(とよ田みのる)も終了。2017年に『まんが親』(吉田戦車)、『よんこまのこ』(重野なおき)が終了。
詳しい終了時期を調べてませんが2014年〜2016年に「エレガントイブ」で高瀬志帆さん・カラスヤサトシさん、「もっと!」(現在は廃刊)で榎本俊二さん、「ジュール素敵な奥さん」でたちばなかおるさんの連載も終わっています。
終わってばっかりで新作は現れてません。

その他の雑誌だと「オレンジページ」に『おかあさんの扉』(伊藤理沙)、「たまごくらぶ」(『アラフォーかあさん年中無給』水玉ぺり)「ひよこくらぶ」(『ただいま両手がふさがっております』和田フミ江)、「おともだち」(『いろはにちへど』ナナイロペリカン)、「たのしい幼稚園」(『なるなるナルちゃん』きのかんち)がありますが、いずれも1話2Pです。
創作漫画だけど逢坂みえこ『プロチチ学童編』は「FQ」連載で1話3ページ。掲載してる雑誌・連載してる作品数も少ないですが、ページも少ない。

漫画雑誌自体の売り上げも下がっているし(集客できない漫画を載せる余裕はない)、育児漫画は基本読み捨てされる(単行本が売れない)はずなので、掲載する理由が見つからないなあ…。

まとめ

これだと暗い話題ですが、電子書籍だと変わった動きもありまして。
藤田素子さんの『高齢出産どんとこい!』という妊娠・出産・育児漫画があるのですが、電子書籍だけで続編が出てます。
※内容的にはびみょーなのでお勧めしません。タイトルで得してるパターン。

1巻は2004年発売。私が「育児漫画目録」を始めた2013年時点では2巻まで刊行、絶版してました。

2015年7月~8月に3,4,5巻が電子書籍版で発売されています。(Kindle Unlimited対象)
2013年当時はKindle版はなく、Renta!やYahoo!ブックストアだけで公開されていました。多分、その売上が好調だったんじゃないかしら。

2017年には絵柄とタイトルを変えた新作まで出ています。全2巻。「超実録! 高齢出産体験記」と書いてあるのでそうなのでしょう。

育児漫画だけでいうと、現状、雑誌ではなくWEB連載、さらに言えばブログやTwitter、instagramでの個人公開が主流のようです。

ぶっちゃけ、読み捨て文化だからこれだけ多いと雑誌で読む必要もなく、単行本を買う必要すら薄い気がするんですよね…。
instagram発の単行本は「フォロワー7万人」が一つのラインみたいですが、何千部売れるんだろう?

余談ですが最近注目されている(いくつかのニュースサイトで紹介されている)のは「ヤマダモモコさん」みたいです。
【親あるある】ママさんイラストレーターの「育児絵日記」共感しまくり / 癒される親たちが続出しているもよう

それでは~。

SPONCER LINK

SPONCER LINK

-【情報】新刊やニュース
-,

Copyright© 育児漫画目録 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.