母乳が出るハーブティは、江戸しぐさと同じ~母乳がでなくて悩んでいるお母さんへ

最近、この本を読みました。 江戸しぐさという偽史を検証した本です。大変おもしろかった。「江戸しぐさ」についてはこの辺を参照。

“偽物の歴史”を教育に用いるのは、倫理の根幹を破壊する行為~「江戸しぐさの正体」著者・原田実氏インタビュー (1/2)

第2章まで試し読みできます

そして思い至りました。「母乳にハーブティが効く」というデマは、江戸しぐさと同じで、商売の為に作られた「流行」、ある種の信仰であると。 

自分もハーブティを飲んでいた

出産後、全然母乳が出なかった。自分のおっぱいは冷えてこわごわとしていて、助産師さんも心配していた。冷え症でもないのに、芯まで冷えていると言われた。

薦められるままに葛根湯を飲み、足湯をしても、全然変わらなかった。

同じ病院で自分の3日後に赤ちゃんを産んだ女性のおっぱいはアイスノンで冷やすほど熱く膨れ、母乳が滴り落ちるほどだった。

妊娠中からおっぱいマッサージもして、準備万端だと思ったのに。入院中は、一晩中娘におっぱいを咥えさせながら眠れない夜を過ごし、助産師さんに勧められてミルクを足した。よくわからない罪悪感で泣いた。娘に申し訳なかった。 

退院の日。娘は母乳を20gしか飲めておらず、1週間後に母乳外来に来るよう言われた。ダメな母親だと言われているように感じた。

心配になったのだろう。退院指導を担当した助産師さんが「マリエン薬局のハーブティは効果があると聞く」と教えてくれた。そういえば妊娠中に読んだ漫画にも、ハーブティが効くと描かれていた。産院の部屋にもハーブティが置いてあった。

藁にもすがる思いでその日のうちに注文し、ドイツから届くのを待った。届いてからは毎日5杯くらい飲んだ。早くおっぱいが出るよう、祈りながら。 

f:id:matsuo0221:20141204164559j:plain

飲み始めると、数日でおっぱいが張るようになってきたように感じた。助かった…と安堵し、苦しい局面を救ってくれたハーブティに感謝した。

その後も、乳腺炎を予防する為に飲み続けた。1度も乳腺炎にはならなかったので、再びハーブティに感謝した。

ブログ「育児漫画目録」を始めた後、妊娠時に読んでいた漫画の感想を書きながら、一緒にマリエン薬局のハーブティを薦めた。効果があると思ってた。  

その後、森戸先生や戸田先生のブログと出会い「ハーブティが母乳分泌を促進する効果は実証されていない」 と知ったが、リラックス効果くらいはあるだろうし、私には効いたし、まあいいか、と思っていた。

 

アフィリエイト報酬は1点400円

最近、アフィリエイト商材を確認していたら、マリエン薬局ではないが「母乳がでるハーブティ」があることに気付いた。アフィリエイト報酬の金額を見て驚いた。

私はブログで漫画を紹介しており、1冊1000円の育児漫画が1冊売れると、商品の1%(10円)が手に入る。ハーブティは1点1796円(税込)で、商品単価の24%(約400円)が得られる。破格である。

f:id:matsuo0221:20141206095621j:plain

ふと思った。

「私が飲んだマリエン薬局のものではないけれど、ハーブティやたんぽぽ茶は母乳に良いと聞くし、紹介しようかな…?

 

魔が差した。でもその瞬間、はたと構造が理解できた。

ハーブティを飲んだ人が「自分が試した上で、効果があった」と他人に薦める。1点売れたら、400円が手に入る。母乳が出なくて不安な誰かの為になり、自分の利益になる。だから、広めようとする。

それが積み重なって「ハーブティを飲めば母乳が出る」という数値的な根拠も、検証結果もない情報が「さも事実であるかのように」扱われるのではないか。

「母乳神話」が生み出された原因の一端は、アフィリエイト広告が握っている。  

Googleの検索上位はハーブティのアフィリエイトばかり 

Googleで「母乳 でない」で検索すると、結果にハーブティの広告が表示される。

母乳がでなかった体験や自分の苦しみを書くと共に、ほぼすべてのサイトで、ハーブティを売っている。

例えば検索結果の1位として「母乳がでない・母乳不足の人へ」というサイトが表示される。→Web魚拓

一見、情報サイトに見えるが、左上に商品リンクがでかでかと存在している。運営者情報は企業ではなく個人で、名字は書かれているがフルネームではない。住所も詳細はない。これは個人のアフィリエイトサイトである。 

f:id:matsuo0221:20141204155310j:plain

母乳育児を強調した上で「ハーブティが効果的だった」と書いている。買うしかないような気分になる。

f:id:matsuo0221:20141204160217j:plain

検索1ページ目、全てでハーブティを勧められる。これは信じてしまうだろう。

ハーブティが効くことの根拠は”個人の感想”

リンクをたどってハーブティの販売元にいく。「試して良かった今は完母です!」と書いている。→魚拓がブロックされたのでarchive.today(キャッシュ)

f:id:matsuo0221:20141206120530j:plain

効果的とする根拠は製造・販売している会社自身が実施した「ハーブティを飲んだ人の感想アンケート。効果効能には個人差があるとの警告表示もある。

※↓の文章

f:id:matsuo0221:20141206120608j:plain

効果に個人差があるのは別にいいとして、アンケート結果の数字の読み方がおかしい

f:id:matsuo0221:20141206123940j:plain

問1では”少しはでているが十分な量ではなかった”という当たり前のことを「悩み」としてアピールしている。

問2では、母乳がでない時に実践した内容を書く。強調されている66.8%は「水分補給」「食べ物・飲み物に気をつける」「ハーブティの」の合計である。ただの水分補給が26.2%であり、ハーブティ単体では17.6%である。

これにより、「食べ物に気を付けるという新常識の刷り込み」と「母乳が出ない時ハーブティを対策とする人が多い」といった印象操作を行っている

問3では飲み始めて実感できるまでの日数。「実感」=個人の感想である。

母乳がでるまでには時間がかかる

産後の身体は疲れている。ホルモンバランスも激変する。赤ちゃんだって初めておっぱいを飲むのだ。慣れるまでには時間がかかるだろう。口の大きさだって乳首の大きさだって、個人差がある。初日からは、上手く飲めなくても不思議ないだろう。

周りの人のサポートを得てちゃんと寝て、美味しくごはんを食べる。テレビだって見ても良い。リラックスして待っていれば、母乳はでるようになる。

出来るだけおっぱいを吸わせて、赤ちゃんが慣れるのを、おっぱいがでるのを、ただひたすら待つ。待つのはつらい。でも子育ては待つことの連続だ。これから先の予行練習。子どもの成長を待つ方法を模索しても良いだろう。

自分は2カ月かかったけど、そのくらいかかる場合もある。

助産師さんに娘の口の大きさに対して私の乳首が大きくて吸いにくいのと、体重が少なく(生後1カ月で4200g)体力不足だから、安定するまで1~2カ月はかかるとも言われたが、振り返ると最初の1カ月、まともに寝てないからだと思います…ハーブティ飲まずに寝ろよと…。

製薬会社の姿勢 

例えば製薬会社のツムラは、漢方薬を販売している。日本国内でも生産できるよう努めている。(過疎地に仕事を作るプロジェクトでもある。)

ツムラは“医薬品としての生薬を作る”つまり一定規格以上の“正品としての生薬”を生産しようとしている。

※専門家向けのサイトですが「はい」と答えたら活動の様子が見れます。

生薬の生産と供給  -国内-

 

f:id:matsuo0221:20141206090330j:plain

 

一部を引用させていただく。

日本での生薬の栽培には,多くの問題があります。その一部として,種子,種苗が集まらないこと,大量生産を行うための土地の確保が困難であること,人件費が高いこと等が挙げられます。厚生省や農林省の肝煎りで組織を作り,国内生産の奨励が行われていますが,これらの課題と品質や量に間題があり,十分な進捗がないのが現状です。しかし,当帰,川きゅう,防已,木通,樸そく,厚朴,独活,浜防風,茵ちん蒿,艾葉等は,日木薬局方で国内産生薬の使用が定められています。日本古来に生まれた生薬は,地道生薬ですので,国内生産品を優先すべきです。

 

この件については、島根に住む母が、ツムラと自治体が開催した農家への説明会に参加した際にされた説明・配布資料をもとに、ネットで閲覧できるページを探したものである。

集まった農家に対して、漢方薬の原料は栽培が難しい、中国産のものより日本産のもののほうが薬効が低いので品種改良を続けている、栽培には手間がかかるとの説明を受けたとのこと。

儲けだけが目的なら、ここまでしなくても良いだろう。この姿勢の差はなんだろう。 

何故、根拠がないのに信じるのか?

ハーブティは多数のメディアで紹介し、芸能人も飲んでる。効果を感じた。だから信頼できる。果たしてそうなのか。 

2012年12月に発生したアメブロのステマ事件を覚えているだろうか?芸能人も仕事。報酬面で合意できれば広告に協力するだろう。

お金を出して買った広告記事であっても、地方放送のCM枠でも、メーカーは「雑誌・テレビで紹介した」と言える。嘘は言っていない。TV局や出版社にとって、メーカー(広告主)はお客様だ。わざわざ否定することはない。

f:id:matsuo0221:20141206125925j:plain

霊験あらたかな壺を売っているのと変わらない

アンケートの問4は「友人・知人への紹介したいと思いますか?」回答者の96%が紹介していると答えている。

f:id:matsuo0221:20141206130331j:plain

ハーブティやたんぽぽ茶について、1人目の育児の時に「効果がある」と錯覚したら、人に薦めるのは自然なことだ。

自分と同じように、苦しむ人に光を与えることが出来る喜び。アフィリエイトを利用すれば、お金というわかりやすい”御利益”もある。それはとても幸せな事実だ。

しかし、壺や水晶で母乳がでるようになるという根拠がないように、「ハーブティを飲めば母乳が出るようになる」科学的な根拠は全くない。「たんぽぽ茶」なども同じ。  

メーカーとしては笑いが止まらないだろう。効果に保証がなくても売れる。検査もいらない。効果を調べる必要も示す必要もない。

クレームも無く、感謝され、時間が経てば自動的に顧客が変わり、また売れるようになる。アフィリエイト手数料として商品の24%もの金額を支払えるのであれば、原価は、メーカー側の利益はいくらだろう?ホメオパシーで砂糖玉を売るのと同じ話である。

私自身の反省

自分も過去にハーブティが効果的だと情報発信していた。妊娠・出産・育児漫画を紹介するブログとして、犯してはならない過ちだった。

自分の情報発信は善意に基づいたものだ。嘘だと気付けなかった。

また、今回、調べていたらGoogleの広告でハーブティが表示されることに気付いた。「健康」分野をオフにした。改めて確認したら「健康不安に関する商品」とあった。そんなもの表示したくない。

f:id:matsuo0221:20141206104648j:plain

このブログ記事を書きながらも尚、他人事にしたくて苦しくて、事実を隠したかったけれど、事実だし過去は変えられない。 

間違いに気付いたのであれば、自分の間違いを認め、発信する情報を正しいものに変え、この先の未来を変えたい。これから子どもを産む人が、娘たちが、笑顔で産後を過ごせるように。

母乳専用ハーブティは必要ない

母乳ビジネスは商売の構造がカルト宗教と同じです。詐欺です。ハーブティを飲まなくても、きちんと寝て、ごはんを食べていれば、母乳は出るようになる。 

別に最初から完全ミルクにしても問題ない。義母の話だと私の夫は最初だけ母乳、途中から完全ミルクで育ったようです。昭和40~50年代生まれはミルク育児が多かった。一時的にミルクで補った後、完全母乳に移行することもできます。 

しかし、自分の希望通りには進まないかも知れません。ミルクにしたいのに母乳がですぎて乳腺炎になるから吸ってもらわざるを得ないこともあれば、母乳にしたいのに全然出なくてミルクにせざるを得ない時もあるでしょう。

どういう方法であれ、お母さんと赤ちゃんが笑顔で過ごせれば、それで良いのではないでしょうか。

デマが「事実」に変わる時

数値的な根拠がない「母乳が出る自然なハーブティ」という不自然な存在に頼る。紹介する。それが続く。

江戸しぐさ」と同じで、今現在、「おっぱいが出ない時にハーブティを飲んでいた」というデマが事実(史実)に変えられようとしている。 

 最近は「妊活に効果があるハーブティ」も登場しました。そのうち、就活に効果があるハーブティも登場するでしょう。

f:id:matsuo0221:20141206131241j:plain

情報を受け取る側も、行動を起こせる

google Adsense広告なら、右上の×をクリックすることで広告をブロックできる

スマホでも出来るので、エロマンガの広告など、表示して欲しくない物は「×」し、非表示とする理由を選ぼう。

それ以外の広告でも右上の「i」をクリックすることで「個人に最適化された状態」を解除できる。(母乳や育児に関する広告に限定せず、色々な広告が表示されるようになる。)

販売業者の目的は利益なので、売れなくなれば、自然と消えます

f:id:matsuo0221:20141214075008j:plain

 

真っ当な情報源を選ぼう

情報を判断するポイントは「内容」に注目することです。発言者が他に変わっても、例えば自分が一番嫌いな人が言ってもうなずけるかどうか。

でもそれは、上級者向けの方法なので、まずは”真っ当な”情報源を選びましょう。

産後の育児については、産婦人科医・戸田千先生と小児科医・森戸やすみ先生のブログやTwitterが参考になります。

 

(母乳育児の食べ物情報はこちらのブログ)

やわらかな風の吹く場所に:母乳育児を応援

戸田 千 (@miyakowasureLC) | Twitter

 

(小児医療や子育てや育児漫画)

jasmin jasmin 女医の子育て。

森戸やすみ (@jasminjoy) | Twitter

 

ちょっと難しいけど、幅広く勉強になるこちらのブログもおススメ。

ふぃっしゅ in the water 

うさうさメモ 

とらねこ日誌

 

私が紹介した方たちも、間違えます。勘違いをします。でも、間違いを認め、反省し、謝罪することが出来る方たちです。だから信頼しています。

 

この記事を読んだ皆さんが、私と同じ轍を踏みませんように。

SPONCERD LINK
SPONCERD LINK

シェアする

フォローする

SPONCERD LINK
SPONCERD LINK