ブログの記録

育児漫画ブログをはじめよう!(その3)~ブログを通じてお金を稼ごう!広告・イラスト販売・グッズ制作・動画配信など

投稿日:2014年12月4日 更新日:

3回目はお金を稼ぐ方法について。

私はブログ活動を通じてお金を稼ぐのは良い!と思っています。金額以上に、自分の気持ちや姿勢に与える影響が大きい。続けていると自分の意識や行動が変わります。
ただ、過度の期待は禁物です。「お金を稼ぐ」といっても内職程度の額ですので「秒速1億の男」や「アフィリエイトで年間2億円」などの甘い言葉には騙されないようにしましょうね…(^_^;

前回まではこちら。
漫画ブログをはじめよう!(その1)~ブログを始めるときや引っ越しの時の参考になる?有名ブログサービス比較表
漫画ブログをはじめよう!(その2)~慣れてきたら独自ドメイン取得・アクセス解析・マネタイズ

SPONSORED LINK

ブログを通じてお金を稼ぐ?

どんな方法があるのか?まずは羅列します。

【広告】
・広告を貼って報酬をもらう
・アフィリエイト(商品販売に対する報酬)

【素材提供】
・自分の絵を無料素材として広告収入を得る
・企業からイラストの発注を受ける

【物販】
・絵を描いて売る
・グッズを制作して売る
・LINEスタンプ
・同人誌や電子書籍として売る

【動画】
・育児漫画を動画にし、Youtube広告で収入を得る

自分の努力だけで実現可能なのはこのくらいかな?(・ω・)では詳細。

広告やアフィリエイト

「育児漫画目録」「料理漫画目録」2つのブログの合計で、11月は広告が2~3万円、amazonや楽天経由のアフィリエイト報酬が1万円程度、計4万円弱の売上でした。

アクセス数は2つで月間10万PV超。
記事数は育児漫画が300以上、料理漫画が100以上。

経費としてはサーバ使用料(月1080円)、ドメイン使用料(年間972円)が発生します。合わせて月1200円くらい。

売上−経費=利益

なので、利益=私が自由に使えるお金は3.5万円くらいです。
好きな漫画や本を買って(本は経費としても扱えますが事業ではないので)家に入れるのが2万円くらいです。

広告/アフィリエイトの特徴

ある程度まで記事数があれば、何もしなくても収入が発生します。
私は2014年7月に出産し、8月はほとんど記事を書いていませんが、売上は2万円くらいありました。
(いつも訪問下さる皆様、ありがとうございます。)

広告について

Googleアドセンス(クリック型の広告)に申請する。とりえあず、これだけで良いです。

審査がありますが、アクセスが少なくても記事が100くらい?あれば通ります(私が申請した時はそのくらいだったので…)。
アダルトだとNGだったりするので、育児漫画以外の方は規約(NGなこと)を確認しましょう。

最低でも1PV=0.8~1円くらいにはなるかと思います。

スマホに特化したnend、忍者AdMAXなど色々ありますけど、最初は気にしなくて良いです。

アフィリエイト

商品が購入されたら代金の1%~程度が還元されます。1000円の本1冊で10円。登録するのは簡単なので、やってみると良いかと思います。
楽天は3000円以下だと報酬はポイント、amazonも振込手数料が300円かかるので、ポイントで受け取ってます。

amazonアソシエイト楽天アフィリエイトが二大巨塔。
amazonだと売れた商品が分かるので「紹介したあの漫画が売れたぜ…(ニヤリ)」としております。これがね、ものすごくうれしいんですよ。この為にブログやっていると言っても過言ではない。

あとはA8.netに登録したら良いかもしれません。楽天分の報酬も現金で受け取れますし、操作しやすい(リンクを作成しやすい)と思います。
他にリンクシェアバリューコマースなどがありますが、操作がわかりにくいと感じます。

アプリのアフィリエイトについては、アクセスが多くないとappleの審査が通らないから、やってません。

便利なツール「ヨメレバ」「カエレバ」

amazonや楽天リンクを作るのに便利なサイト「ヨメレバ」。
↓うちのブログで多用してる「これ」が作れます。書籍系は検索しても表示されないので、amazonでISBNコードを調べてます。

カエレバ」は商品表示に。

ブログについている機能を使っても良いし、Amazonに絞るのも良いと思いますが、私は楽天市場を重視しています。
私自身、発売予定の単行本は、楽天ブックスで注文します。Amazonより届くのが早いです。

また、育児漫画は図書館にも沢山あるので、図書館ボタンをつけています。まずは借りてみて、好みの作者を見つけて欲しいと思っています。
図書館で育児漫画を探す方法

絵を描いて売る

絵が描けるのだから、絵を描いて売ろう!…という方法。

企業向けにイラストを売る

いわゆるB to B のビジネス。イラストレーターとして仕事を受注する…という方法。
サイトとしては「ランサーズ」「クラウドワークス」などがありますが、うーん…安く買いたたかれている印象があってあまり薦めたくない…。

イラスト系の仕事をしたいなら、とりあえずPixivに登録するといいかも知れません。絵を発注する側の人が見ています。
怖がることはありませんが「変な話も聞くので、相手が企業であっても依頼対応は慎重に。必ず、家族や友達に相談してください。私でも良ければ相談にのりますのでお気軽にどうぞ。

また、育児漫画を描いている方には「「アホ男子かるた」の甘井ネコさんのことは、知っておいて頂きたいです。こういうことは2度と起こしたくありません。

育児漫画系ブログを運営している方で、出版社に持ち込み体験を書いてる方もいます。「見せに行ったら反応が良かった」とのこと。
【営業活動記】持ち込み行ってきました!(magicmushroom)
※育児漫画ブログはこちら「poowebcomic

正直、専門外なので(^_^;)受注している方からのアドバイス、お待ちしています。

個人向けにイラストを売る

いわゆるB to C ビジネス。他のサービスをMIXすることで可能性が高まると思っています。
個々に交渉が発生するのが大変ですが、ブログ運営してたらネット上での接客技術は自然と身につくので、個人向けの方がうまくいく人もいると思います。

Coconala(ココナラ)で絵を売る

500円から受注できるワンコインマーケット。
シリアスに考えると500円だと安すぎてどうか?と思いますが、取引を重ねると価格を上げることが出来ます。描くのが早い人向き。



私も、ゆずぽんさんにアイコンを描いてもらいました!この幸せ…クセになりそう…。
育児漫画ブログを描いている人だと花アキさんも登録中です。

似顔絵だけでなく、今の時期ならクリスマスカードや年賀状用イラスト、バレンタインや卒業シーズン用のアイコン作成を受けるなど、季節に合わせて告知を工夫すると良いかも知れません。
料理漫画目録用末尾

私の招待コード「0d8qk」を利用して会員登録すると500ポイントもらえるので、試しにやってみても良いかと思います。コードを使って入会してもらえると、私にもポイントが入ります。それを使って金銭の負担なく依頼できますので、育児漫画系の作家さんで登録しているよ!て方は声を掛けてください。実績作りとお気に入り増やしに利用してください。

利用者としては単純明快な金額設定、楽天ポイントが使える、過去にAsMaMaとコラボしてるなんて素敵ね!…など色々良いですね。
作った時の様子や感想は来週あたりに記事にします。ついでに一覧作ろうかな…。

ヤフオク!(Yahoo!オークション)

ファンがついたら効率が良いかもな~と思うのがこちら。取引が少々面倒かも知れませんが、デジタル絵が全盛の現在だからこそ、手描きが評価されますし、一定の需要があると思う。
色紙やイラストボードに描くだけでなく、グッズ製作との合わせ技で売っても良いかと。

SUZURIでグッズを売る

無料でユーザー登録し、画像をアップ。気に入ったイラストがあれば注文が入り、自分には取り分が入る…といった仕組み。
イクメンパパはエロ漫画家」の丸本チンタさんが利用しています。育児漫画と違い、デザイン重視な感じ。
suzuri

tmixでTシャツやロンパースを作る

1枚から注文できる、Tシャツ作成サービス。Tシャツ1枚2880円が最高で、枚数が増えると安くなります。
ロンパースやKIDSサイズのTシャツもあるので、似顔絵アイコンを描いてTシャツにして売る…といった小技が使えます。家族全員分を作ったり受注してもおもしろいと思いますし、部活動などのチームTシャツをデザインし発注しても良いのではないかと。
オリジナルTシャツのtmix

余談ですが私、エイタのTシャツが欲しいです…。エイタ…好き…。

オリジナルパッケージのお菓子を提案する

「ぷにんぷ妊婦~育児編」の前川さなえさんが500万アクセス突破記念プレゼントとして作っていましたね。
お客様へのプレゼント(ノベルティ、販促品)や同人イベントのプレゼントとして使われることが多いです。
ぷにんぷ

例えばウェルカムボードの営業の時に提案し、結婚式の引き出物に加えられるようにする。お誕生日のプレゼント、クリスマスプレゼントなどとして提案する。

オリジナルのビスコの他に、キットカット、ふーせんガム、チロルチョコ、ブラックサンダー、じゃがりこ、煎餅、金太郎飴、お酒のラベルなどもあります。
詳しくはこのTogetterを参照。(オリジナル お菓子 で検索したら複数のまとめがでます…)

差し入れやノベルティで使えるオリジナルパッケージのお菓子サイトまとめ

LINEスタンプを作る

これはよく語られているし、みんなやっているみたいだから割愛してもいいかな…(・ω・)

自分のブログで告知する以外の方法としては、
LINEスタンプ検索サイト「Stampers」に登録する
LINEスタンプ上位ランカーはリリース後の一ヶ月で何をやったのか?を聞いてみた!

同人誌を作って売る

私はコピー誌しか作ったことありませんが(^_^;
基本的に同人誌は儲ける為のものではありません。敢えて儲けを考えるのであれば、アダルト系二次創作を書店委託して電子配信もする、とかでないと儲からないと思います。(こういう話を持ち掛けられ、言われるまま「艦これ」のエロ同人誌を執筆し、漫画が描けなくなったと書いていた育児漫画ブロガーさんを見掛けたので、正直、オススメしません。)

同人誌(本)にして良いと思うのは、本にすることでブログのお客様以外の目に触れ、感想をもらい、自分のモチベーションが上がるから。

コミケにも育児スペースはあるようですが(3日目)、オリジナルオンリーの「コミティア」の方が子連れOKスペースがあり、子連れでも売りやすいと思う。
また、編集者やゲーム開発者は新人発掘の為にコミティアやPixivを利用していますので、仕事や書籍化を狙うなら名刺代わりに同人誌を渡すのも良いでしょう。URLをメールしても、ブログは見ないかも知れませんが、同人誌(本)なら開く人は多いと思う。

(育児漫画の同人誌についてはこのまとめ…古いけど…)
育児漫画の同人誌(自費出版本)あれこれ

(同人誌を印刷するなら)
プリントパックでも作れるけれど、同人誌+印刷 で検索すれば良いかと。意外と安いですよ。

電子書籍を作って売る

電子書籍や同人誌、グッズを作って、Pixivの「BOOTH」やamazonの「Kindle」で売るという方法。
BOOTHを勧めるのは作り手への還元率が一番高いからです。Kindleは売れるけど還元率は低い。
「BOOTH」では11月末に大きな決済事故が発生していますので、少し間を置いてからの方が良いかも知れません。

電子書籍で漫画を売る方法としては「note」もあります。動画も売れます。
育児漫画だと現代洋子さんが販売していましたね。梅川和実さんが「うめさんちの」シンのすけさんの娘育児漫画「ムスメモ!」丸本チンタさんもいます。

先日、田中圭一先生による鬱病漫画『うつヌケ』が始まり、2話目からは1話200円で売っています。これは売れてると思う。私も買う予定。

Kindleについては、利益率が低いのが悩みどころ。ネックは米国に「日本で納税しています」という書類を送るところくらい。 
※2017年4月追記:現在は不要です

個人的に興味がある分野なので、楽天Koboでのセルフパブリッシングも含めて、方法を教えられるようになりたいです。

(電子書籍の参考)
漫画における非商業作品で同人誌に頼らずいくら収入を得られるのかやってみた話
【最終報告】漫画における非商業作品で同人誌に頼らずいくら収入を得られるのかやってみた話

自分の絵を無料素材として広告収入を得る

広告との合わせ技です。無料で使える著作権フリーの画像として提供することで、サイト(ブログ)へのアクセスアップを増やし、広告収入を得る。
具体的にはこんなサイトがあります。この2つは最近、町でも広告でもWEBサイトでも良く見ますね。私も利用しています。

イラストワンパグ
http://www.wanpug.com/

かわいいフリー素無料イラスト いらすとや
http://www.irasutoya.com/

写真や背景なども加えると、もっと沢山あります。例えば以下のまとめ記事を参照ください。
ガーリーデザインに使える!可愛い商用可フリー素材・素材サイトまとめ
国内外のフリー画像素材サービスまとめ48サイト(2013年冬版)

育児漫画を動画にして広告収入を得る

Youtubeとニコニコ動画/静画。とりあえずYoutube前提で。

2014年12月時点で調べた感じでは再生回数10,000回 →1,000円の報酬
つまり「動画再生回数×0.1」が報酬金額の目安。

こちらの育児漫画ブログさんで、動画配信を始めているようです。私は動画は見ないから状況が分かりませんが(^_^;
イクマン(育児漫画ブログ)
Youtubeチャンネル
ikuman

動画制作で操作が簡単なのは「Video Studio」。私が仕事で使っていたのは大分前のVer.ですが。無料版があるので触ってみても良いかと思います。購入すると14000円くらい。
どちらかというと、音声や音楽をどうするか?がポイントな気がします(・ω・)

この件に関する考え方としては下の記事と近くて。育児漫画ブログの素材を再利用して、育児中のお母さんが子どもに見せるのに丁度よい動画を作ればいいのでは?と思っています。
ユーチューバーとして稼ぐなら、子供向け動画を作成した方が良い理由(日なたと木陰)

松本ぷりっつさんの『うちの3姉妹』がヒットしたのって、母親だけでなく子どもたちにウケたからだと思うのです。特にアニメ化の後。運や努力は必要だけどそこそこのViewが稼げるのではないかな?

動画制作やYoutubeへのアップロードは、思っているより難しくないです。
ニコニコもYoutubeと同じ手順でUP出来るかと。姪っ子の友達(中2)が「うたってみた」で上位常連の歌い手らしいので(義姉が言ってた)そんな難しくないと思う…。

サービスに登録するメリット

自分のブログをメインの活動拠点とし、他のサービスを利用することで広告効果を得ることもできます。
情報過多の現在は、マネタイズ以前に「知ってもらうこと」が非常に重要です。次に「覚えてもらう」。買ってもらうのはその後の話です。

この辺は別の記事で改めて書きますが、TwitterやfacebookだけでなくPixivやYoutube、noteなどWEBサービスを利用することで、それぞれのサービスに附随したコミュニティに届きます。
要は、自分の育児漫画ブログを出張販売をしているようなものです。

私は「知っているだけ」ですが、丸本チンタ(@maruchin07)さんは色々なサービスを実際に試しているので、本人と話した方が役立つ情報が得られるかもしれません。

広告で収入を得る上での注意点

各種広告を使ってマネタイズする際の注意点として。「母乳神話とデマ」の原因の一端には「雑誌社による広告」と「個人によるアフィリエイト」があります。
「母乳がでる」ハーブティをアフィリエイト広告で販売すると、商品代金の24%が紹介者の懐に入ります。1袋2000円前後なので、1個売れば500円の売り上げになります。(育児漫画だと1冊売って10円程度の報酬です。)

私自身、以前はマリエン薬局のハーブティを勧めていました。妊娠マンガのレビューにも「私も効いた」と書きました。でも出産後、森戸先生や戸田先生に出会って、効果に何の根拠もないと知りました。

母乳がでると言ってハーブティを薦めるのは、「この壺買えば幸せになれるよ!」というのと同じくらい、胡散臭い話です。
ちゃんとごはんを食べて、ちゃんと眠って、赤ちゃんにおっぱいを吸わせて。身体が慣れれば出るようになります。私は2カ月くらいかかりました。そんなものです。

自身がデマの発信源にならないよう、気を付けてください。

まとめ

絵でお金を稼ぐのは簡単ではないかも知れませんが、WEB上のサービスをうまく利用すれば新たなビジネスチャンスが産まれます。

みなさんのブログ活動のヒントになれば嬉しいです。それではまた。良い週末を送って下さい。

SPONCER LINK

SPONCER LINK

-ブログの記録
-,

Copyright© 育児漫画目録 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.